13.2.3.14. リクエスト番号とシリアル番号の範囲の設定

クローンシステムでランダムなシリアル番号を使用しない場合、管理者は /etc/pki/instance_name/subsystem/CS.cfg ファイルで、リクエストおよびシリアル番号に証明書システムが使用する範囲を指定できます。
dbs.beginRequestNumber=1001001007001
			dbs.endRequestNumber=11001001007000
			dbs.requestIncrement=10000000000000
			dbs.requestLowWaterMark=2000000000000
			dbs.requestCloneTransferNumber=10000
			dbs.requestDN=ou=ca, ou=requests
			dbs.requestRangeDN=ou=requests, ou=ranges
			dbs.beginSerialNumber=1001001007001
			dbs.endSerialNumber=11001001007000
			dbs.serialIncrement=10000000000000
			dbs.serialLowWaterMark=2000000000000
			dbs.serialCloneTransferNumber=10000
			dbs.serialDN=ou=certificateRepository, ou=ca
			dbs.serialRangeDN=ou=certificateRepository, ou=ranges
			dbs.beginReplicaNumber=1
			dbs.endReplicaNumber=100
			dbs.replicaIncrement=100
			dbs.replicaLowWaterMark=20
			dbs.replicaCloneTransferNumber=5
			dbs.replicaDN=ou=replica
			dbs.replicaRangeDN=ou=replica, ou=ranges
			dbs.ldap=internaldb
			dbs.newSchemaEntryAdded=true
注記
証明書システムは、範囲で BigInteger 値に対応します。