10.5. KRA サブシステムのクローン作成

  1. master サブシステムを設定し、キーをバックアップします。
  2. pkispawn ユーティリティーを使用して、クローンサブシステムインスタンスを作成します。
    KRA サブシステムのクローン時に pkispawn で必要な設定ファイルの例は、pkispawn(8) の man ページの Installing a KRA or TPS clone セクションを参照してください。
  3. クローンが使用する Directory Server インスタンスを再起動します。
    # systemctl dirsrv@instance_name.service
    注記
    Directory Server を再起動すると、更新されたスキーマが再読み込みされます。これは、パフォーマンスを適切に行うために必要です。
  4. クローンインスタンスを再起動します。
    # systemctl restart pki-tomcatd@instance_name.service
クローンの設定後に、テストを実行して、マスターとクローンの関係が機能していることを確認します。
  1. KRA エージェントのページに移動します。
  2. List Requests をクリックします。
  3. リクエストタイプおよびステータスの Show all requests の表示を選択します。
  4. 送信 をクリックします。
  5. クローン作成された KRA とマスター KRA の結果を比較します。結果は同一であることが見なされます。