2.7.2. KRA のクローン作成

KRA では、1 つの KRA にアーカイブされるすべての鍵が他の KRA の内部データベースに複製されます。これにより、キーがアーカイブされた KRA に関係なく、クローンの KRA で鍵のリカバリーを開始できます。
鍵のリカバリーが処理されると、リカバリーの記録はクローンされたすべての KRA の内部データベースに保存されます。
同期キーリカバリーではクローンでリカバリープロセスが開始できますが、開始された単一の KRA で完了する必要があります。これは、適切な承認数が KRA エージェントから取得されてからのみ復元操作がレプリケートされたデータベースに記録されるためです。それまでは、リカバリーが開始する KRA だけが、リカバリー操作について知っています。
重要
Red Hat Certificate System 9 で非推奨になり、このドキュメントでは説明されていない同期キーリカバリーメカニズムが存在します。Red Hat は、代わりに非同期鍵リカバリーの使用を推奨します。