5.4.4. 署名キーの種類と長さの選択

署名鍵は、サブシステムが何かを検証して「封印」するために使用されます。CA は、CA 署名証明書を使用して、発行する証明書または CRL に署名します。OCSP は、署名証明書を使用して、証明書ステータス要求への応答を検証します。すべてのサブシステムは、ログファイル署名証明書を使用して監査ログに署名します。
署名キーは、署名操作の保護とセキュリティーを提供するために、暗号的に強力である必要があります。以下の署名アルゴリズムがセキュアであるとみなされます。
  • SHA256withRSA
  • SHA512withRSA
  • SHA256withEC
  • SHA512withEC
注記
Certificate Systemには、ネイティブの ECC サポートが含まれています。ECC 対応サードパーティーの PKCS #11 モジュールを読み込み、使用することも可能です。詳細は9章ECC システム証明書を使用するインスタンスのインストールを参照してください。
キー タイプ とともに、各キーには特定の ビット長 があります。キーは、より短い鍵よりも暗号で強力なと見なされます。ただし、キーの署名操作にはより長い時間がかかります。
構成ウィザードのデフォルトの RSA キーの長さは 2048 ビットです。機密性の高いデータまたはサービスへのアクセスを提供する証明書の場合は、長さを 4096 ビットに増やすことを検討してください。ECC キーは RSA キーよりもはるかに強力であるため、ECC キーの推奨長は 256 ビットであり、これは 2048 ビットの RSA キーと同等の強度です。