5.2.2. 証明書システム CA への従属

Certificate System CA は ルート CA として機能するため、サーバーは独自の CA 署名証明書、およびその他の CA 署名証明書に署名し、組織固有の CA 階層を作成します。このサーバーは、下位 CA として設定することもできます。つまり、サーバーの CA 署名鍵が既存の CA 階層にある別の CA により署名されます。
Certificate System CA をルート CA として設定すると、発行した CA 署名証明書の内容を制御するポリシーを設定し、Certificate System管理者がすべての下位 CA を制御することができます。下位 CA は、ルート CA の設定とは対照的に、独自の認証および証明書プロファイル設定を評価することで証明書を発行します。