13.2.3.3. 認証および認可の設定

CS.cfg ファイルには、ユーザーがサブシステムインスタンス (認証) にアクセスする方法や、認証された各ユーザーの承認 (認証) されるアクションを設定します。
CSサブシステムは、認証プラグインを使用して、サブシステムにログインする方法を定義します。
以下の例は、SharedSecretという名前の JAVA プラグインをインスタンス化する SharedToken という名前の認証インスタンスを示しています。
auths.impl.SharedToken.class=com.netscape.cms.authentication.SharedSecret
auths.instance.SharedToken.pluginName=SharedToken
auths.instance.SharedToken.dnpattern=
auths.instance.SharedToken.ldap.basedn=ou=People,dc=example,dc=org
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapauth.authtype=BasicAuth
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapauth.bindDN=cn=Directory Manager
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapauth.bindPWPrompt=Rule SharedToken
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapauth.clientCertNickname=
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapconn.host=server.example.com
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapconn.port=636
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapconn.secureConn=true
auths.instance.SharedToken.ldap.ldapconn.version=3
auths.instance.SharedToken.ldap.maxConns=
auths.instance.SharedToken.ldap.minConns=
auths.instance.SharedToken.ldapByteAttributes=
auths.instance.SharedToken.ldapStringAttributes=
auths.instance.SharedToken.shrTokAttr=shrTok
一部の認証設定では、LDAP データベースを使用してユーザーエントリーを保存する認証方法を選択できます。その場合、データベース設定は、以下に示すようにプラグインとともに構成されます。
authz.impl.DirAclAuthz.class=com.netscape.cms.authorization.DirAclAuthz
authz.instance.DirAclAuthz.ldap=internaldb
authz.instance.DirAclAuthz.pluginName=DirAclAuthz
authz.instance.DirAclAuthz.ldap._000=##
authz.instance.DirAclAuthz.ldap._001=## Internal Database
authz.instance.DirAclAuthz.ldap._002=##
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.basedn=dc=server.example.com-pki-ca
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.database=server.example.com-pki-ca
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.maxConns=15
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.minConns=3
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapauth.authtype=SslClientAuth
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapauth.bindDN=cn=Directory Manager
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapauth.bindPWPrompt=Internal LDAP Database
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapauth.clientCertNickname=
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapconn.host=localhost
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapconn.port=11636
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.ldapconn.secureConn=true
authz.instance.DirAclAuthz.ldap.multipleSuffix.enable=false
LDAP のセキュアな設定とパラメーターの説明は、「TLS クライアント認証の有効化」 を参照してください。パラメーターパスは表示される内容とは異なりますが、両方の場所で同じ名前と値が許可されます。
CA は、ユーザーリクエストの承認メカニズムも必要です。これは、承認の設定と同様に、適切な認証プラグインを特定し、そのためにインスタンスを設定して行います。
auths.impl.AgentCertAuth.class=com.netscape.cms.authentication.AgentCertAuthentication
auths.instance.AgentCertAuth.agentGroup=Certificate Manager Agents
auths.instance.AgentCertAuth.pluginName=AgentCertAuth