2.6.4. 監査

Certificate System は、証明書の要求、発行、取り消し、CRL の公開など、すべてのイベントの監査ログを維持します。これらのログは署名されます。これにより、承認されたアクセスやアクティビティーの検出が可能になります。その後、外部監査人は必要に応じてシステムを監査できます。割り当てられた監査ユーザーアカウントは、署名された監査ログを表示できる唯一のアカウントです。このユーザーの証明書は、ログを署名および暗号化するために使用されます。監査ロギングは、ログに記録されるイベントを指定するよう設定されます。