第2章 ユーザーインターフェイス

ユーザーロール (管理者、エージェント、監査ユーザー、エンドユーザー) に応じて、証明書やサブシステムの管理にはさまざまなインターフェイスがあります。

2.1. ユーザーインターフェイスの概要

管理者は、以下のインターフェイスを使用して、完全な Certificate System インストールと安全に対話できます。
  • PKI コマンドラインインターフェイスおよびその他のコマンドラインユーティリティー
  • PKI コンソールのグラフィカルインターフェイス
  • Certificate System Web インターフェイス
これらのインターフェイスには、TLS による Certificate System サーバーとの安全な通信に使用する前に設定が必要です。適切な設定なしでこれらのクライアントを使用することはできません。これらのツールの一部は、TLS クライアント認証を使用します。必要に応じて、必要な初期化手順にこれの設定が含まれます。使用するインターフェイスは、管理者の設定と機能によって異なります。これらのインターフェイスを使用する一般的なアクションは、本章の後半の残りのガイドに記載されています。
デフォルトでは、PKI コマンドラインインターフェイスは、ユーザーの ~/.dogtag/nssdb/ ディレクトリーにある NSS データベースを使用します。「pki CLI の初期化」では、NSS データベースを管理者の証明書およびキーで初期化する詳細な手順を説明します。PKI コマンドラインユーティリティーの使用例は、「pki CLI の使用」に記載されています。その他の例を以下に示します。
(他のユーザーロールの管理者として) 証明書システムとの干渉は、さまざまなコマンドラインユーティリティーを使用して、CMC 要求の送信、生成された証明書の管理などを行うことができます。これらについては、「AtoB」など、「コマンドラインインターフェイス」で簡単に説明します。これらのユーティリティーは、PKCS10Client を使用した CSR の作成」 などの後のセクションで使用されています。
-- Certificate System の PKI コンソールインターフェイスは、グラフィカルインターフェイスです。pkiconsole の初期化」 は、初期化方法を説明します。「CA、OCSP、KRA、および TKS サブシステムに対する pkiconsole の使用」 では、コンソールインターフェイスの使用の概要を説明します。「Java ベースの管理コンソールを使用した証明書の登録プロファイルの管理」 などの後のセクションでは、特定の操作について詳しく説明します。
Certificate System Web インターフェイスを使用すると、Firefox Web ブラウザーから管理アクセスが可能になります。「ブラウザーの初期化」 は、クライアント認証の設定手順を説明します。「Web インターフェイス」 の他のセクションでは、証明書システムの Web インターフェイスの使用を説明します。
注記
PKI コンソールセッションを終了するには、Exit (終了) ボタンをクリックします。Web ブラウザーセッションを終了するには、ブラウザーを閉じます。コマンドラインユーティリティーは、アクションを実行してプロンプトに返すとすぐにそれ自身を終了するため、セッションを終了するには、管理者の部分でアクションは必要ありません。