第1章 Red Hat Certificate System サブシステムの概要

すべての一般的な PKI 操作 (証明書の発行、更新、取り消しなど、キーのアーカイブと回復、CRL の公開と証明書ステータスの検証) は、Red Hat Certificate System 内の相互運用サブシステムによって実行されます。この章では、個々のサブシステムの機能と、それらが連携して堅牢でローカルな PKI を確立する方法を説明します。

1.1. 証明書に使用

証明書の目的は、信頼を確立することです。その使用法は、それが保証するために使用される信頼の種類によって異なります。提示した者の ID を確認するために、いくつかの種類の証明書が使用されたり、オブジェクトまたはアイテムが改ざんされていないことを確認したりするために使用されます。
証明書の使用方法、証明書の種類、または証明書の ID と関係の確立方法は、『Red Hat Certificate System 9 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』 の 証明書および認証 セクションを参照してください。