8.2. サブシステムでのハードウェアセキュリティーモジュールの使用

Certificate System は、デフォルトで nCipher nShield Connect XC ハードウェアセキュリティーモジュール (HSM) および Thales Luna HSM をサポートします。Certificate System がサポートする HSM は、PKCS #11 ライブラリーモジュールが指定されているインストールパスにある場合は、インストールの事前設定段階で modutil を使用して pkcs11.txt データベースに自動的に追加されます。
重要
特定のデプロイメントでは、FIPS モードを使用するように HSM を設定する必要があります。

8.2.1. HSM での FIPS モードの有効化

HSM で FIPS モードを有効にするには、特定の手順については、HSM ベンダーのドキュメントを参照してください。
重要
nCipher HSM
nCipher HSM では、FIPS モードが Security World を生成する場合にのみ有効にできます。これは後で変更することはできません。Security World を生成するにはさまざまな方法がありますが、常に new-world コマンドを使用することが推奨されます。FIPS 準拠の Security World を生成する方法は、nCipher HSM ベンダーのドキュメントを参照してください。
LunaSA HSM
同様に、Luna HSM で FIPS モードを有効にするには、初期設定時に行う必要があります。これは、このポリシーを変更すると、セキュリティー対策として HSM がゼロになるためです。詳細は、Luna HSM ベンダーのドキュメントを参照してください。

8.2.2. FIPS モードが HSM で有効になっているかどうかの確認

本セクションでは、特定の HSM に対して FIPS モードが有効になっているかどうかを確認する方法を説明します。その他の HSM は、ハードウェアの製造元のドキュメントを参照してください。

8.2.2.1. FIPS モードが nCipher HSM で有効にされているかどうかの確認

注記
完全な手順については、HSM ベンダーのドキュメントを参照してください。
FIPS モードが nCipher HSM で有効になっているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。
# /opt/nfast/bin/nfkminfo
古いバージョンのソフトウェアでは、StrictFIPS140 が state フラグに一覧表示されると、FIPS モードが有効になります。ただし、新しいバージョンでは、新しい mode の行を確認して fips1402level3 を検索することが推奨されます。すべてのケースで、nfkminfo 出力には hkfips キーも存在しているはずです。

8.2.2.2. FIPS モードが Luna SA HSM で有効にされているかどうかの確認

注記
完全な手順については、HSM ベンダーのドキュメントを参照してください。
FIPS モードが Luna SA HSM で有効になっているかどうかを確認するには、次を実行します。
  1. lunash 管理コンソールを開きます。
  2. hsm show コマンドを使用して、出力に The HSM is in FIPS 140-2 approved operation mode. の文字が含まれていることを確認します。
    lunash:> hsm show
    ...
    			 FIPS 140-2 Operation:
    			 =====================
    			 The HSM is in FIPS 140-2 approved operation mode.
    ...
    

8.2.3. サブシステムの HSM エントリーの追加および管理

インストール時に、pkispawn コマンドに渡された設定ファイルに適切な HSM 固有のパラメーターが設定されているデフォルトトークンとして HSM が選択された場合は、以下のパラメーターが、HSM パスワードの /var/lib/pki/instance_name/conf/password.conf ファイルに追加されます。
hardware-HSM_token_name=HSM_token_password

8.2.4. HSM 用の SELinux の設定

Hardware Security Modules (HSM) で Certificate System をインストールし、SELinux が enforcing モードで実行している場合は、Certificate System をインストールする前に、特定の HSM を手動で SELinux 設定を更新する必要があります。
以下のセクションでは、対応している HSM に必要なアクションを説明します。
nCipher nShield Connect XC
HSM をインストールし、Certificate System をインストールする前に、以下を行います。
  1. /opt/nfast/ ディレクトリーのファイルのコンテキストをリセットします。
    # restorecon -R /opt/nfast/
  2. nfast ソフトウェアを再起動します。
    # /opt/nfast/sbin/init.d-ncipher restart
Thales Luna HSM
Certificate System をインストールする前に、SELinux 関連のアクションは必要ありません。

8.2.5. nCipher nShield Connect XC HSM を使用するサブシステムのインストール

nCipher nShield Connect XC HSM を使用するサブシステムインスタンスをインストールするには、以下の手順に従います。
  1. 特定のデプロイメントに対応するオーバーライドファイルを準備します。以下の default_hms.txt ファイルは、このような上書きファイルの例になります。
    注記
    このファイルは、nCipher HSM 上書き設定ファイルのサンプルとしてのみ提供されます。その他の多くの値は、デフォルトのハッシュアルゴリズムを含む上書きできます。また、pkispawn コマンドラインで指定されたサブシステムの呼び出しに応じて、[CA] セクション、[KRA] セクション、[OCSP] セクション、[TKS] セクション、または [TPS] セクションの 1 つだけが使用されます。

    例8.1 nCipher HSM で使用するオーバーライドファイルのサンプル

    
    ###############################################################################
    ###############################################################################
    ###############################################################################
    ##                                                                           ##
    ## EXAMPLE: Configuration File used to override '/etc/pki/default.cfg'       ##
    ##          when using an nCipher Hardware Security Module (HSM):            ##
    ##                                                                           ##
    ##                                                                           ##
    ##     # modutil -dbdir . -list                                              ##
    ##                                                                           ##
    ##     Listing of PKCS #11 Modules                                           ##
    ##     -----------------------------------------------------------           ##
    ##       1. NSS Internal PKCS #11 Module                                     ##
    ##              slots: 2 slots attached                                      ##
    ##             status: loaded                                                ##
    ##                                                                           ##
    ##              slot: NSS Internal Cryptographic Services                    ##
    ##             token: NSS Generic Crypto Services                            ##
    ##                                                                           ##
    ##              slot: NSS User Private Key and Certificate Services          ##
    ##             token: NSS Certificate DB                                     ##
    ##                                                                           ##
    ##      2. nfast                                                             ##
    ##            library name: /opt/nfast/toolkits/pkcs11/libcknfast.so         ##
    ##             slots: 2 slots attached                                       ##
    ##            status: loaded                                                 ##
    ##                                                                           ##
    ##             slot: <serial_number> Rt1                                     ##
    ##            token: accelerator                                             ##
    ##                                                                           ##
    ##             slot: <serial_number> Rt1 slot 0                              ##
    ##            token: <HSM_token_name>                                        ##
    ##     -----------------------------------------------------------           ##
    ##                                                                           ##
    ##                                                                           ##
    ##     Based on the example above, substitute all password values,           ##
    ##     as well as the following values:                                      ##
    ##                                                                           ##
    ##         <hsm_libfile>=/opt/nfast/toolkits/pkcs11/libcknfast.so            ##
    ##         <hsm_modulename>=nfast                                            ##
    ##         <hsm_token_name>=NHSM-CONN-XC                                     ##
    ##                                                                           ##
    ###############################################################################
    ###############################################################################
    ###############################################################################
    
    [DEFAULT]
    ##########################
    # Provide HSM parameters #
    ##########################
    pki_hsm_enable=True
    pki_hsm_libfile=<hsm_libfile>
    pki_hsm_modulename=<hsm_modulename>
    pki_token_name=<hsm_token_name>
    pki_token_password=<pki_token_password>
    
    ########################################
    # Provide PKI-specific HSM token names #
    ########################################
    pki_audit_signing_token=<hsm_token_name>
    pki_ssl_server_token=<hsm_token_name>
    pki_subsystem_token=<hsm_token_name>
    
    ##################################
    # Provide PKI-specific passwords #
    ##################################
    pki_admin_password=<pki_admin_password>
    pki_client_pkcs12_password=<pki_client_pkcs12_password>
    pki_ds_password=<pki_ds_password>
    
    #####################################
    # Provide non-CA-specific passwords #
    #####################################
    pki_client_database_password=<pki_client_database_password>
    
    ###############################################################
    # ONLY required if specifying a non-default PKI instance name #
    ###############################################################
    #pki_instance_name=<pki_instance_name>
    
    ##############################################################
    # ONLY required if specifying non-default PKI instance ports #
    ##############################################################
    #pki_http_port=<pki_http_port>
    #pki_https_port=<pki_https_port>
    
    ######################################################################
    # ONLY required if specifying non-default 389 Directory Server ports #
    ######################################################################
    #pki_ds_ldap_port=<pki_ds_ldap_port>
    #pki_ds_ldaps_port=<pki_ds_ldaps_port>
    
    ######################################################################
    # ONLY required if PKI is using a Security Domain on a remote system #
    ######################################################################
    #pki_ca_hostname=<pki_ca_hostname>
    #pki_issuing_ca_hostname=<pki_issuing_ca_hostname>
    #pki_issuing_ca_https_port=<pki_issuing_ca_https_port>
    #pki_security_domain_hostname=<pki_security_domain_hostname>
    #pki_security_domain_https_port=<pki_security_domain_https_port>
    
    ###########################################################
    # ONLY required for PKI using an existing Security Domain #
    ###########################################################
    # NOTE:  pki_security_domain_password == pki_admin_password
    #        of CA Security Domain Instance
    #pki_security_domain_password=<pki_admin_password>
    
    
    [Tomcat]
    ##############################################################
    # ONLY required if specifying non-default PKI instance ports #
    ##############################################################
    #pki_ajp_port=<pki_ajp_port>
    #pki_tomcat_server_port=<pki_tomcat_server_port>
    
    
    [CA]
    #######################################
    # Provide CA-specific HSM token names #
    #######################################
    pki_ca_signing_token=<hsm_token_name>
    pki_ocsp_signing_token=<hsm_token_name>
    
    ###########################################################################
    # ONLY required if 389 Directory Server for CA resides on a remote system #
    ###########################################################################
    #pki_ds_hostname=<389 hostname>
    
    
    [KRA]
    ########################################
    # Provide KRA-specific HSM token names #
    ########################################
    pki_storage_token=<hsm_token_name>
    pki_transport_token=<hsm_token_name>
    
    ############################################################################
    # ONLY required if 389 Directory Server for KRA resides on a remote system #
    ############################################################################
    #pki_ds_hostname=<389 hostname>
    
    
    [OCSP]
    #########################################
    # Provide OCSP-specific HSM token names #
    #########################################
    pki_ocsp_signing_token=<hsm_token_name>
    
    #############################################################################
    # ONLY required if 389 Directory Server for OCSP resides on a remote system #
    #############################################################################
    #pki_ds_hostname=<389 hostname>
    
    
    [TKS]
    ########################################
    # Provide TKS-specific HSM token names #
    ########################################
    
    ############################################################################
    # ONLY required if 389 Directory Server for TKS resides on a remote system #
    ############################################################################
    #pki_ds_hostname=<389 hostname>
    
    
    [TPS]
    ###################################
    # Provide TPS-specific parameters #
    ###################################
    pki_authdb_basedn=<dnsdomainname where hostname.b.c.d is dc=b,dc=c,dc=d>
    
    ########################################
    # Provide TPS-specific HSM token names #
    ########################################
    
    ############################################################################
    # ONLY required if 389 Directory Server for TPS resides on a remote system #
    ############################################################################
    #pki_ds_hostname=<389 hostname>
    
    ##########################################################
    # ONLY required if TPS requires a CA on a remote machine #
    ##########################################################
    #pki_ca_uri=https://<pki_ca_hostname>:<pki_ca_https_port>
    
    #######################################
    # ONLY required if TPS requires a KRA #
    #######################################
    #pki_enable_server_side_keygen=True
    
    ###########################################################
    # ONLY required if TPS requires a KRA on a remote machine #
    ###########################################################
    #pki_kra_uri=https://<pki_kra_hostname>:<pki_kra_https_port>
    
    ###########################################################
    # ONLY required if TPS requires a TKS on a remote machine #
    ###########################################################
    #pki_tks_uri=https://<pki_tks_hostname>:<pki_tks_https_port>
  2. 「2 ステップインストール」に記載されているように、設定ファイルを使用します。
    • # pkispawn -s CA -f ./default_hsm.txt -vvv
    • # pkispawn -s KRA -f ./default_hsm.txt -vvv
    • # pkispawn -s OCSP -f ./default_hsm.txt -vvv
    • # pkispawn -s TKS -f ./default_hsm.txt -vvv
    • # pkispawn -s TPS -f ./default_hsm.txt -vvv
  3. HSM に次の証明書が含まれていることを確認します。
    $ certutil -L -d /etc/pki/pki-tomcat/alias -h token -f token.pwd
    
    Certificate Nickname                                         Trust Attributes
                                                                 SSL,S/MIME,JAR/XPI
    
    token:ca_signing                                             CTu,Cu,Cu
    token:ca_ocsp_signing                                        u,u,u
    token:subsystem                                              u,u,u
    token:ca_audit_signing                                       u,u,Pu
    token:sslserver/pki.example.com                              u,u,u

8.2.6. Thales Luna HSM を使用するサブシステムのインストール

Thales Luna HSM を使用するサブシステムインスタンスをインストールするには、「nCipher nShield Connect XC HSM を使用するサブシステムのインストール」 に詳述されている手順に従います。オーバーライドファイルは、例8.1「nCipher HSM で使用するオーバーライドファイルのサンプル」 で提供されるサンプルと似ていますが、特定のデプロイメントに関連する値とは異なります。以下の例では、前述の nCipher 例で提供された [DEFAULT]、[Tomcat]、[CA]、[KRA]、[OCSP]、[TKS]、[TPS] の各セクションで使用される nCipher オーバーライドファイルのヘッダーの代わりに使用される LunaSA ヘッダーのサンプルを提供します。

例8.2 LunaSA オーバーライドファイルヘッダーの例


###############################################################################
###############################################################################
###############################################################################
##                                                                           ##
## EXAMPLE: Configuration File used to override '/etc/pki/default.cfg'       ##
##          when using a LunaSA Hardware Security Module (HSM):              ##
##                                                                           ##
##                                                                           ##
##     # modutil -dbdir . -list                                              ##
##                                                                           ##
##     Listing of PKCS #11 Modules                                           ##
##     -----------------------------------------------------------           ##
##       1. NSS Internal PKCS #11 Module                                     ##
##              slots: 2 slots attached                                      ##
##             status: loaded                                                ##
##                                                                           ##
##              slot: NSS Internal Cryptographic Services                    ##
##             token: NSS Generic Crypto Services                            ##
##                                                                           ##
##              slot: NSS User Private Key and Certificate Services          ##
##             token: NSS Certificate DB                                     ##
##                                                                           ##
##      2. lunasa                                                            ##
##            library name: /usr/safenet/lunaclient/lib/libCryptoki2_64.so   ##
##             slots: 4 slots attached                                       ##
##            status: loaded                                                 ##
##                                                                           ##
##             slot: LunaNet Slot                                            ##
##            token: dev-intca                                               ##
##                                                                           ##
##             slot: Luna UHD Slot                                           ##
##            token:                                                         ##
##                                                                           ##
##             slot: Luna UHD Slot                                           ##
##            token:                                                         ##
##                                                                           ##
##             slot: Luna UHD Slot                                           ##
##            token:                                                         ##
##     -----------------------------------------------------------           ##
##                                                                           ##
##                                                                           ##
##     Based on the example above, substitute all password values,           ##
##     as well as the following values:                                      ##
##                                                                           ##
##         <hsm_libfile>=/usr/safenet/lunaclient/lib/libCryptoki2_64.so      ##
##         <hsm_modulename>=lunasa                                           ##
##         <hsm_token_name>=dev-intca                                        ##
##                                                                           ##
###############################################################################
###############################################################################
###############################################################################