Menu Close

第22章 Certificate System 10 の最新のマイナーバージョンへのアップグレード

Red Hat Certificate System 10.0 を最新のマイナーバージョン (10.1 など) にアップグレードするには、パッケージと構成ファイルを更新する必要があります。
  1. サーバーのパッケージをすべてアップグレードします。
    # yum update
    更新時に、/etc/pki/instance_name/subsystem/CS.cfg/etc/pki/instance_name/server.xml などの証明書システムの設定ファイルが新規バージョンに自動的に変更されます。
    Certificate System のアップグレード時に生成されるログファイルは以下の通りです。
    • /var/log/pki/pki-server-upgrade-version.log
    • /var/log/pki/pki-upgrade-version.log
    ログファイル名のバージョン番号は、Certificate System のバージョンではなく、pki* パッケージのバージョンを表します。
    注記
    Directory Server が別のホストにインストールされている場合は、そのホストのパッケージも更新します。Directory Server の更新に関する詳細は、以下を参照してください。
  2. Certificate System インスタンスを再起動します。
    # systemctl restart pki-tomcatd@instance_name.service
注記
9.7 などの下位メジャーバージョンから Certificate System 10 に移行するには、21章Certificate System 9 からCertificate System 10 へのアップグレードを参照してください。