Menu Close

第2章 Red Hat Certificate Systemnbsp;Hat Certificate Red Hat Certificate Systemnbsp;System の概要

証明書の発行、更新、取り消しなど、すべての一般的な PKI 操作。キーのアーカイブと回復。CRL の公開と証明書ステータスの検証は、Red Hat Certificate Systemnbsp;Hat Certificate Systemnbsp;System 内の相互運用サブシステムによって実行されます。この章では、個々のサブシステムの機能と、それらが連携して堅牢でローカルな PKI を確立する方法を説明します。

2.1. CertificateCertificate Systemnbsp;System サブシステムのレビュー

Red Hat Certificate Systemnbsp;Hat Certificate Red Hat Certificate Systemnbsp;System は 5 つの異なるサブシステムを提供します。それぞれは、PKI デプロイメントのさまざまな側面に重点を置いています。
  • Certificate Manager と呼ばれる 認証局。CA は PKI の中核で、すべての証明書を発行して取り消します。Certificate Manager は、CertificateCertificate Systemnbsp;System の中核でもあります。信頼できるサブシステムの セキュリティードメイン を確立することで、別のサブシステム間の関係を確立し、管理します。
  • キーリカバリー認証局 (KRA)証明書は、特定のキーペアと一意の鍵のペアに基づいて作成されます。秘密鍵が失われると、その鍵がアクセスに使用されたデータ (暗号化された電子メールなど) にもアクセスできないため、失われます。KRA は鍵のペアを格納するため、復元された鍵に基づいて新しい同一証明書を生成でき、秘密鍵が損失または破損してもすべての暗号化されたデータにアクセスできます。
    注記
    以前のバージョンの Certificate System では、KRA はデータリカバリーマネージャー (DRM) とも呼ばれます。コード、設定ファイルエントリー、Web パネルなどの一部のリソースは、KRA ではなく DRM という用語を使用する場合があります。
  • オンライン証明書ステータスプロトコル (OCSP) レスポンダーOCSP は、証明書が有効かどうかを検証し、有効期限が切れていないかどうかを確認します。この機能は、内部 OCSP サービスがある CA からも実行できますが、外部の OCSP レスポンダーを使用すると、発行 CA の負荷が低くなります。
  • トークンキーサービス (TKS)。TKS は、トークン CCID、プライベート情報、および定義済みのアルゴリズムに基づいて鍵を取得します。これらの派生キーは、TPS によりトークンのフォーマットに使用され、トークンに証明書を登録します。
  • トークン処理システム (TPS)。TPS は、スマートカードなどの外部トークンと直接対話し、ローカルクライアント (Enterprise Security Client (ESC)) を使用してこれらのトークンの鍵と証明書を管理します。トークン操作がある場合には TPS に問い合わせ、TPS は必要に応じて CA、KRA、または TKS と対話し、Enterprise Security Client の方法で情報をトークンに送信します。
すべてのサブシステムがインストールされている場合でも、CertificateCertificate Systemnbsp;System のコアは最終的に証明書関連のすべての要求を処理するため CA(または CA)です。その他のサブシステムは、wheel のスポークのように CA に接続します。これらのサブシステムは連携して、公開鍵インフラストラクチャー (PKI) を作成します。インストールされているサブシステムに応じて、PKI は 2 つの方法の 1 つ (または両方) で機能できます。
  • スマートカードを管理する トークン管理システム または TMS 環境。これには CA、TKS、および TPS が必要です。サーバー側の鍵生成には任意の KRA が必要です。
  • 通常、ソフトウェアデータベースでスマートカード以外の環境で使用される証明書を管理する従来の 非トークン管理システム または 非 TMS 環境です。少なくとも、TMS 以外の環境では CA のみが必要ですが、TMS 以外の環境では OCSP レスポンダーと KRA インスタンスも使用できます。