Menu Close

2.2.3. 実行管理 (systemctl)

2.2.3.1. 起動、停止、再起動、およびステータスの取得

Red Hat Certificate System サブシステムインスタンスは、Red Hat Enterprise Linux 7 で systemctl 実行管理システムツールを使用して停止および起動できます。
# systemctl start <unit-file>@instance_name.service
# systemctl status <unit-file>@instance_name.service
# systemctl stop <unit-file>@instance_name.service
# systemctl restart <unit-file>@instance_name.service
<unit-file> には、以下のいずれかの値を使用できます。
pki-tomcatd 			With watchdog disabled
pki-tomcatd-nuxwdog 		With watchdog enabled
watchdog サービスの詳細は、「パスワードおよびウォッチドッグ (nuxwdog)」 および『Red Hat Certificate System 管理ガイド』の「Certificate System Watchdog Service の使用」セクションを参照してください。
注記
RHCS 10 では、これらの systemctl アクションは pki-server エイリアスをサポートします。pki-server <command> subsystem_instance_namesystemctl <command> pki-tomcatd@<instance>.service のエイリアスです。