Menu Close

4.2. サーバーサポート

Certificate System 10.0 の認証局(CA)、Key Recovery Authority(KRA)、オンライン証明書ステータスプロトコル(OCSP)、トークンキーサービス(TKS)、およびトークン処理システム(TPS)サブシステムの実行は、Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux 8.2 以降でサポートされています。サポートされる Directory Server バージョンは 11.1 以降です。
注記
Certificate System 10.0 は、認定済みのハイパーバイザーの Red Hat Enterprise Linux 仮想ゲストでの実行に対応します。詳細は、ナレッジベースの記事「Red Hat Enterprise Linux の実行が認定されているハイパーバイザー」を参照してください。