Menu Close

21.2.2. Leapp アップグレードの実行

  1. 報告される可能性のあるすべての問題を解決した場合は、次のようにインプレースアップグレードを続行します。
    # leapp upgrade
    Leapp は、手順21.0「」 の最後に記載されているアップグレード前のチェックを実行することから始まります。システムが信頼できるアップグレードのパラメーターを満たしている場合、Leapp は、必要なデータをダウンロードし、RPM トランザクションを準備します。そうでない場合は、システムはプロセスを終了し、アップグレード前の手順で説明されているように、/var/log/leapp/leapp-report.txt ファイルにレポートが記録されます。
  2. 成功すると、Leapp により、システムの再起動が求められます。
    # reboot
    .または --reboot オプションを指定して leapp upgrade コマンドを実行できます。
    その後、システムが RHEL 8 ベースの初期 RAM ディスクイメージ initramfs で起動します。Leapp はすべてのパッケージをアップグレードして、自動的に RHEL 8 システムを再起動します。
  3. アップグレードを完了するには、以下のタスクを実行してチェックを行います。
    • SELinux モードを Enforcing に変更します。
      # setenforce 1
      システムを再起動したら、getenforce コマンドを実行して、現在の SELinux モードであることを確認することができます。
      セキュリティーポリシーの詳細は、Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux の『 RHEL 7 から RHEL 8 へ のアップグレード』の該当するセクションを参照してください。
    • ファイアウォールを有効にします。
      # systemctl start firewalld
      # systemctl enable firewalld
    • 現在の OS バージョンが Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux 8 であることを確認します。
      # cat /etc/redhat-release
      Red Hat Enterprise Linux release 8.3
    • OS カーネルバージョンを確認します (.el8 が重要な点に留意してください)。
      # uname -r
      4.18.0-240.el8.x86_64
    • 正しい製品がインストールされていることを確認します。
      # subscription-manager list --installed
    • OS リリースバージョンが正しく設定されていることを確認します。以下に例を示します。
      # subscription-manager release
      Release: 8.3
    • Certificate System パッケージバージョンが .el8 であることを確認します。
    • ネットワークサービスが機能していることを確認します。
    • アプリケーションのアップグレード後のステータスを確認します。