Menu Close

14.8.4. Web ユーザーインターフェースの CMCRevoke の有効化

Red Hat Certificate System 管理ガイド』のCMC 失効の実行セクションで説明されているように、失効リクエストを送信する方法は 2 つあります。
CMCRevoke ユーティリティーを使用して、Web UI で送信される失効要求を作成する場合は、以下の設定を /var/lib/pki/instance_name/ca/conf/CS.cfg ファイルに追加します。
cmc.bypassClientAuth=true