Menu Close

2.4.4.2. 証明書の状態

2.4.4.2.1. CRL
CertificateCertificate Systemnbsp;System は、設定可能なフレームワークから証明書失効リスト(CRL)を作成できます。これにより、ユーザー定義の発行ポイントが可能になり、発行ポイントごとに CRL を作成できます。デルタ CRL は、定義した発行ポイントにも作成できます。CRLは、証明書の各タイプ、証明書のタイプの特定のサブセット、またはプロファイルまたはプロファイルのリストに従って生成された証明書に対して発行できます。CRL を公開する際の頻度と間隔がすべて設定できます。
Certificate Manager は X.509 標準 CRL を発行します。CRL は、証明書が取り消されたり、指定した間隔で毎回更新される可能性があります。