Menu Close

第6章 インストールの前提条件および準備

Red Hat Certificate System のインストールプロセスでは、環境の準備が必要です。この章では、Certificate System サブシステムをインストールする際の要件、依存関係、およびその他の前提条件を説明します。

6.1. Red Hat Enterprise Linux のインストール

Red Hat Certificate System には、最新バージョンの Red Hat Enterprise Linux 8 が必要です。Red Hat Enterprise Linux のインストールの詳細は、『標準的な RHEL インストールの実行』を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux で FIPS (Federal Information Processing Standard) を有効にするには、『Red Hat セキュリティーの強化ガイド』を参照してください。
重要
Certificate System をインストールする前に、FIPS モードを RHEL ホストで有効にする必要があります。FIPS モードが有効になっていることを確認するには、以下を実行します。
# sysctl crypto.fips_enabled
返された値が 1 の場合は、FIPS モードが有効になります。