9.7. 公開キューの有効化

登録プロセスには、発行した証明書をディレクトリーまたはファイルに公開します。したがって、基本的には、最初の証明書要求を閉じます。ただし、外部ネットワークに証明書を公開すると、発行プロセスが大幅に遅くなり、リクエストが開いたままになります。
この状況を回避するために、管理者は 公開キュー を有効にできます。パブリッシュキューは、別のリクエストキューを使用するリクエスト操作および登録操作 (外部の LDAP ディレクトリーを伴う可能性がある) を分離します。要求キューはすぐに更新され、登録プロセスが完了したことを示します。一方、公開キューがネットワークトラフィックの一時停止時に情報を送信します。
公開キューは、承認された証明書ごとに新しいスレッドを開くのではなく、生成された証明書を公開する定義済みの制限された数のスレッドを設定します。
パブリッシュキューはデフォルトで無効になっています。公開を有効にするとともに、CA コンソールで有効にすることができます。
注記
pkiconsole が非推奨になりました。
注記
パブリッシュキューはデフォルトで無効になっていますが、コンソールで LDAP 公開が有効な場合にはキューが自動的に有効になります。それ以外の場合は、キューを手動で有効にできます。

図9.1 公開キューの有効化

公開キューの有効化
ヒント
CS.cfg ファイルを編集してパブリッシュキューを有効にすると、管理者はパブリッシュ操作に使用するスレッドの数やキューページサイズなど、パブリッシュする他のオプションを設定できます。
CS.cfg ファイルを編集してこの機能を設定する方法は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』 の 公開キューの有効化および設定 セクションを参照してください。