1.2. Certificate System サブシステムのレビュー

Red Hat Certificate System は 5 つの異なるサブシステムを提供します。それぞれは、PKI デプロイメントのさまざまな側面に重点を置いています。これらのサブシステムは連携して、公開鍵インフラストラクチャー (PKI) を作成します。インストールされているサブシステムに応じて、PKI はトークン管理システム (TMS) または非トークン管理システムとして機能できます。サブシステム、TMS、および TMS 以外の環境の説明は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』のCertificate System サブシステムのレビューセクションを参照してください。

Enterprise Security Client

Enterprise Security Client は、証明書、鍵、またはトークンで操作を実行しないため、サブシステムではありません。Enterprise Security Client は、ユーザーがスマートカードで証明書を簡単に管理できるようにするユーザーインターフェイスです。Enterprise Security Client は、証明書要求などのすべてのトークン操作をトークン処理システム (TPS) に送信し、認証局 (CA) に送信します。詳細については、Red Hat Certificate System エンタープライズセキュリティークライアントでスマートカードの管理を参照してください。