第4章 キーアーカイブおよびリカバリーの設定

キーアーキタイプおよびリカバリーの詳細は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』 の キーのアーカイブ、リカバリー、およびローテーション セクションを参照してください。
この章では、以前は Data Recovery Manager (DRM) と呼ばれていた Key Recovery Authority (KRA) を設定して、秘密鍵をアーカイブし、暗号化されたデータを復元するためにアーカイブされた鍵を回復する方法を説明します。
注記
本章では、クライアント側の鍵生成を使用した鍵のアーカイブのみを説明します。サーバー側のキーの生成とアーカイブは、TPS を介して開始されたか、CA のエンドエンティティーポータルを介して開始されたかにかかわらず、ここでは説明しません。
スマートカード鍵のリカバリーの詳細は、「サーバー側の鍵生成の設定」 を参照してください。
CA の EE ポータルで提供されるサーバー側の鍵生成に関する詳細は、「サーバー側の鍵生成を使用した CSR の生成」 を参照してください。
注記
Gemalto SafeNet LunaSA は、CKE - Key Export モデルでの PKI 秘密鍵抽出のみおよび 非 FIPS モードでのみサポートされます。FIPS モードの LunaSA Cloning モデルおよび CKE モデルは、PKI 秘密鍵の抽出をサポートしません。
KRA がインストールされると、セキュリティードメインに参加し、CA とペアになります。このような場合、秘密暗号化キーをアーカイブおよび復元するように設定されています。ただし、KRA 証明書がセキュリティードメイン内の CA のいずれかではなく外部 CA によって発行される場合は、キーのアーカイブとリカバリープロセスを手動で設定する必要があります。
詳細は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』 の キーアーカイブの手動設定 セクションを参照してください。
注記
クローン環境では、キーのアーカイブとリカバリーを手動で設定する必要があります。詳細は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』のクローン後の CA-KRA コネクター情報の更新セクションを参照してください。

4.1. コンソールでのエージェント承認キーリカバリーの設定

注記
コンソールでキーリカバリーエージェントの を設定できますが、使用する グループCS.cfg ファイルで直接設定できます。コンソールはデフォルトで Key Recovery Authority Agents Group を使用します。
  1. KRA のコンソールを開きます。以下に例を示します。
    pkiconsole https://server.example.com:8443/kra
  2. 左側のナビゲーションツリーの Key Recovery Authority のリンクをクリックします。
  3. Required Number of Agents フィールドに、キー復元を承認するのに使用するエージェントの数を入力します。
注記
エージェントが承認したキー復元を CS.cfg ファイルで設定する詳細な方法は、『Red Hat Certificate System 計画、インストール、およびデプロイメントのガイド』 の コマンドラインでのエージェント承認キーリカバリーの設定 を参照してください。