9.3. OCSP への公開設定

公開を設定する一般的なプロセスには、証明書または CRL を特定の場所に公開するように発行者を設定することが含まれます。使用する場所の数に応じて、単一のパブリッシャーまたは複数のパブリッシャーが存在する可能性があります。場所は、証明書と CRL、または証明書の種類などのより細かい定義によって分割できます。ルールは、発行者に関連付けられることにより、発行するタイプと場所を決定します。
OCSP Manager への公開は、クライアント検証のために CRL を特定の場所に公開することです。
パブリッシャーは、公開場所ごとに作成および設定する必要があります。パブリッシャーは、OCSP レスポンダーに公開するために自動的に作成されません。単一のパブリッシャーを作成して、すべての場所を 1 つの場所に公開するか、CRL を公開するすべての場所のパブリッシャーを作成します。各場所には、さまざまな種類の CRL を含めることができます。

9.3.1. クライアント認証を使用した OCSP への公開の有効化

  1. Certificate Manager コンソールにログインします。
    pkiconsole https://server.example.com:8443/ca
  2. Configuration タブで、左側のナビゲーションツリーから Certificate Manager を選択します。Publishing を選択し、Publishers を選択します。
  3. Add をクリックして、Select Publisher Plug-in Implementation ウィンドウを開きます。これには、登録済みのパブリッシャーモジュールを一覧表します。
  4. OCSPPublisher モジュールを選択し、エディターウィンドウを開きます。これは、Certificate Manager が CRL を Online Certificate Status Manager に公開できるようにするパブリッシャーモジュールです。
    • パブリッシャー ID は、PublishCertsToOCSP のように、スペースのない英数字の文字列である必要があります。
    • host は、ocspResponder.example.com または IPv4 または IPv6 アドレスなどの完全修飾ドメイン名を使用できます。
    • デフォルトのパスは、/ocsp/agent/ocsp/addCRL のように CRL を送信するディレクトリーです。
    • クライアント認証が使用されている (enableClientAuth が選択されている) 場合は、nickname フィールドに認証に使用する証明書のニックネームを指定します。この証明書は OCSP セキュリティーデータベースに存在している必要があります。これは通常 CA サブシステム証明書です。
  5. OCSP Manager で CA のユーザーエントリーを作成します。ユーザーは、新しい CRL を送信するときに OCSP への認証に使用されます。必要なものは 2 つあります。
    • CA-hostname-EEport などの CA サーバーの後に OCSP ユーザーエントリーに名前を付けます。
    • パブリッシャー設定で指定された証明書を、OCSP ユーザーアカウントのユーザー証明書として使用します。通常、これは CA のサブシステム証明書です。
    サブシステムユーザーの設定については、「ユーザーの作成」 で説明されています。
パブリッシャーを設定した後、「ルールの作成」 の説明に従って、発行された証明書と CR L のルールを設定します。
注記
pkiconsole が非推奨になりました。