第6章 次のステップ

ストレージ管理者は、Red Hat Ceph Storage 5 のインストールと設定が完了したら、ストレージクラスターに対して「Day Two」操作を実行する準備が整います。これらの操作には、メタデータサーバー (MDS) およびオブジェクトゲートウェイ (RGW) の追加や、iSCSI や NFS などのサービスの設定が含まれます。

cephadm オーケストレーターを使用して「Day Two」操作を実行する方法の詳細は、『 Red Hat Ceph Storage 5 Operations Guide』を参照してください。

「Day Two」操作で Ceph Object Gateway をデプロイ、設定および管理するには、『Red Hat Ceph Storage 5 Object Gateway Guide』を参照してください。

6.1. アップグレードのエラーメッセージのトラブルシューティング

以下の表に、cephadm アップグレードエラーメッセージの一部を示します。何らかの理由で cephadm のアップグレードが失敗すると、エラーメッセージがストレージクラスターのヘルスステータスに表示されます。

エラーメッセージ説明

UPGRADE_NO_STANDBY_MGR

Ceph を続行するには、アクティブマネージャーデーモンとスタンバイマネージャーデーモンの両方が必要ですが、現在スタンバイはありません。

UPGRADE_FAILED_PULL

Ceph は、ターゲットバージョンのコンテナーイメージをプルできませんでした。これは、存在しないバージョンまたはコンテナーイメージ (例: 1.2.3) を指定する場合や、コンテナーレジストリーがクラスター内の 1 つ以上のホストから到達できない場合に発生する可能性があります。