3.2. cephadm ユーティリティー

cephadm ユーティリティーは、Ceph ストレージクラスターをデプロイし、管理します。いずれかの環境からストレージクラスターを管理できるようにするため、コマンドラインインターフェース (CLI) と Red Hat Ceph Storage Dashboard Web インターフェースの両方と密接に統合されます。cephadm は SSH を使用してマネージャーデーモンからホストに接続し、Ceph デーモンコンテナーを追加、削除、または更新します。Ansible または Rook などの外部の設定やオーケストレーションツールに依存しません。

cephadm ユーティリティーは、2 つの主要コンポーネントで構成されます。

  • cephadm シェル。
  • cephadm オーケストレーター。

cephadm シェル

cephadm シェルは、コンテナー内の bash シェルを起動します。これにより、インストールやブートストラップなどの「Day One」クラスター設定タスクを実行し、ceph コマンドを呼び出すことができます。

cephadm シェルを呼び出す方法は 2 つあります。

  • システムプロンプトで cephadm shell を入力します。

    [root@node00 ~]# cephadm shell
    [cephadm@cephadm ~]# ceph -s

  • システムプロンプトで、cephadm shell と、実行するコマンドを入力します。

    [root@node00 ~]# cephadm shell ceph -s

注記

ノードの /etc/ceph/ に設定およびキーリングファイルが含まれる場合、コンテナー環境はこれらのファイルの値を cephadm シェルのデフォルトとして使用します。ただし、Ceph Monitor ノードで cephadm シェルを実行すると、cephadm シェルはデフォルト設定を使用する代わりに、Ceph Monitor コンテナーからデフォルト設定を継承します。

cephadm オーケストレーター

cephadm オーケストレーターにより、ストレージクラスターの拡張や Ceph デーモンおよびサービスのプロビジョニングなど、「Day Two」の Ceph 機能を実行できます。コマンドラインインターフェース (CLI) または Web ベースの Red Hat Ceph Storage Dashboard のいずれかを使用して、cephadm オーケストレーターを使用できます。オーケストラクターコマンドは ceph orch の形式を取ります。

cephadm スクリプトは、Ceph Manager によって使用される Ceph オーケストレーションモジュールと対話します。