付録B cephadm コマンド

cephadm は、Cephadm Orchestrator のローカルホストを管理するコマンドラインツールです。現在のホストの状態を調査および変更するコマンドを提供します。

通常、コマンドの一部はデバッグに使用されます。

注記

cephadm はすべてのホストでは必要ありませんが、特定のデーモンを調査するときに便利です。cephadm-ansible のプリフライト Playbook はすべてのホストに cephadm をインストールし、cephadm-ansible パージ Playbook では、適切に機能させるには、全ホストに cephadm をインストールする必要があります。

add-repo
説明
ローカルパッケージリポジトリーを設定して、Ceph リポジトリーも組み込みます。これは主に Red Hat Ceph Storage の非接続インストールに使用されます。
構文
cephadm add-repo [--release RELEASE] [--version VERSION] [--repo-url REPO_URL]
[root@host01 ~]# ./cephadm add-repo --version 15.2.1
[root@host01 ~]# ./cephadm add-repo --release pacific
adopt
説明
アップグレードしたストレージクラスターデーモンを変換して、cephadm を実行します。
構文
cephadm adopt [-h] --name DAEMON_NAME --style STYLE [--cluster CLUSTER] --legacy-dir [LEGACY_DIR] --config-json CONFIG_JSON] [--skip-firewalld] [--skip-pull]
[root@host01 ~]# cephadm adopt --style=legacy --name prometheus.host02
ceph-volume
説明
このコマンドは、特定のホスト上の全デバイスを一覧表示に使用されます。プラグ可能なツールを使用して、lvm や物理ディスクなど、さまざまなデバイス技術を持つ Deploys OSD コンテナー内で ceph-volume を実行するか、推測可能かつ強固な方法で、OSD の準備、有効化、開始する方法を進めていきます。
構文
cephadm ceph-volume inventory/simple/raw/lvm [-h] [--fsid FSID] [--config-json CONFIG_JSON] [--config CONFIG, -c CONFIG] [--keyring KEYRING, -k KEYRING]
[root@host01 ~]# cephadm ceph-volume inventory --fsid f64f341c-655d-11eb-8778-fa163e914bcc
check-host
説明
Ceph クラスターに適したホスト設定を確認します。
構文
cephadm check-host [--expect-hostname HOSTNAME]
[root@host01 ~]# cephadm check-host --expect-hostname host02
deploy
説明
デーモンをローカルホストにデプロイします。
構文
cephadm shell deploy DAEMON_TYPE [-h] [--name DAEMON_NAME] [--fsid FSID] [--config CONFIG, -c CONFIG] [--config-json CONFIG_JSON] [--keyring KEYRING] [--key KEY] [--osd-fsid OSD_FSID] [--skip-firewalld] [--tcp-ports TCP_PORTS] [--reconfig] [--allow-ptrace] [--memory-request MEMORY_REQUEST] [--memory-limit MEMORY_LIMIT] [--meta-json META_JSON]
[root@host01 ~]# cephadm shell deploy mon --fsid f64f341c-655d-11eb-8778-fa163e914bcc
enter
説明
実行中のデーモンコンテナー内でインタラクティブシェルを実行します。
構文
cephadm enter [-h] [--fsid FSID] --name NAME [command [command …]]
[root@host01 ~]# cephadm enter --name 52c611f2b1d9
ヘルプ
説明
cephadm によってサポートされるすべてのコマンドを表示します。
構文
cephadm help
[root@host01 ~]# cephadm help
install
説明
パッケージをインストールします。
構文
cephadm install PACKAGES
[root@host01 ~]# cephadm install ceph-common ceph-osd
inspect-image
説明
ローカルの Ceph コンテナーイメージを検査します。
構文
cephadm --image IMAGE_ID inspect-image
[root@host01 ~]# cephadm --image 13ea90216d0be03003d12d7869f72ad9de5cec9e54a27fd308e01e467c0d4a0a inspect-image
list-networks
説明
IP ネットワークを一覧表示します。
構文
cephadm list-networks
[root@host01 ~]# cephadm list-networks
ls
説明
ホストの cephadm が認識するデーモンインスタンスを一覧表示します。コマンド実行時間を短縮するには --no-detail を使用できます。これにより、デーモンごとの名前、fsid、スタイル、および systemd ユニットの詳細が提供されます。--legacy-dir オプションを使用して、デーモンを検索するレガシーベースディレクトリーを指定できます。
構文
cephadm ls [--no-detail] [--legacy-dir LEGACY_DIR]
[root@host01 ~]# cephadm ls --no-detail
logs
説明
デーモンコンテナーの journald ログを出力します。これは journalctl コマンドに似ています。
構文
cephadm logs [--fsid FSID] --name DAEMON_NAME
cephadm logs [--fsid FSID] --name DAEMON_NAME -- -n NUMBER # Last N lines
cephadm logs [--fsid FSID] --name DAEMON_NAME -- -f # Follow the logs
[root@host01 ~]# cephadm logs --fsid 57bddb48-ee04-11eb-9962-001a4a000672 --name osd.8
[root@host01 ~]# cephadm logs --fsid 57bddb48-ee04-11eb-9962-001a4a000672 --name osd.8 -- -n 20
[root@host01 ~]# cephadm logs --fsid 57bddb48-ee04-11eb-9962-001a4a000672 --name osd.8 -- -f
prepare-host
説明
cephadm のホストを準備します。
構文
cephadm prepare-host [--expect-hostname HOSTNAME]
[root@host01 ~]# cephadm prepare-host
[root@host01 ~]# cephadm prepare-host --expect-hostname host03
pull
説明
Ceph イメージをプルします。
構文
cephadm [-h] [--image IMAGE_ID] pull
[root@host01 ~]# cephadm --image 13ea90216d0be03003d12d7869f72ad9de5cec9e54a27fd308e01e467c0d4a0a pull
registry-login
説明
認証されたレジストリーの cephadm ログイン情報を提供します。Cephadm はそのレジストリーに呼び出したホストのログ記録を試行します。
構文
cephadm registry-login --registry-url [REGISTRY_URL] --registry-username [USERNAME] --registry-password [PASSWORD] [--fsid FSID] [--registry-json JSON_FILE]
[root@host01 ~]# cephadm registry-login --registry-url registry.redhat.io --registry-username myuser1 --registry-password mypassword1

また、以下のようにフォーマットされたログイン情報が含まれる JSON レジストリーファイルを使用することもできます。

構文
cat REGISTRY_FILE

{
 "url":"REGISTRY_URL",
 "username":"REGISTRY_USERNAME",
 "password":"REGISTRY_PASSWORD"
}
[root@host01 ~]# cat registry_file

{
 "url":"registry.redhat.io",
 "username":"myuser",
 "password":"mypass"
}

[root@host01 ~]# cephadm registry-login -i registry_file
rm-daemon
説明
特定のデーモンインスタンスを削除します。ホストで cephadm rm-daemon コマンドを直接実行すると、コマンドはデーモンを削除しますが、cephadm mgr モジュールは、デーモンがないことを通知して再デプロイします。このコマンドは問題が含まれており、実験的な目的およびデバッグにのみ使用する必要があります。
構文
cephadm rm-daemon [--fsid FSID] [--name DAEMON_NAME] [--force ] [--force-delete-data]
[root@host01 ~]# cephadm rm-daemon --fsid f64f341c-655d-11eb-8778-fa163e914bcc --name osd.8
rm-cluster
説明
実行先の特定のホストのストレージクラスターからすべてのデーモンを削除します。rm-daemon と同様に、この方法でいくつかのデーモンが削除され、Ceph Orchestator は一時停止されず、これらのデーモンで管理対象外ではないサービスに所属するものがある場合は、cephadm オーケストレーターにより、そこに再デプロイされます。
構文
cephadm rm-cluster [--fsid FSID] [--force]
[root@host01 ~]# cephadm rm-cluster --fsid f64f341c-655d-11eb-8778-fa163e914bcc
rm-repo
説明
パッケージリポジトリーの設定を削除します。これは主に Red Hat Ceph Storage の非接続インストールに使用されます。
構文
cephadm rm-repo [-h]
[root@host01 ~]# cephadm rm-repo
run
説明
フォアグラウンドのコンテナーで Ceph デーモンを実行します。
構文
cephadm run [--fsid FSID] --name DAEMON_NAME
[root@host01 ~]# cephadm run --fsid f64f341c-655d-11eb-8778-fa163e914bcc --name osd.8
shell
説明
推論または指定した Ceph クラスターを使用して、Ceph コマンドにアクセスできるインタラクティブシェルを実行します。cephadm shell コマンドを使用してシェル を入力し、シェル内のすべてのオーケストレーターコマンドを実行できます。
構文
cephadm shell  [--fsid FSID] [--name DAEMON_NAME, -n DAEMON_NAME] [--config CONFIG, -c CONFIG] [--mount MOUNT, -m MOUNT] [--keyring KEYRING, -k KEYRING] [--env ENV, -e ENV]
[root@host01 ~]# cephadm shell -- ceph orch ls
[root@host01 ~]# cephadm shell
unit
説明
この操作でデーモンを起動、停止、再起動、有効化、および無効にします。これは、デーモンの systemd ユニットで動作します。
構文
cephadm unit [--fsid FSID] --name DAEMON_NAME start/stop/restart/enable/disable
[root@host01 ~]# cephadm unit --fsid f64f341c-655d-11eb-8778-fa163e914bcc --name osd.8 start
version
説明
ストレージクラスターのバージョンを提供します。
構文
cephadm version
[root@host01 ~]# cephadm version