3.7. プリフライト Playbook の実行

この Ansible Playbook は Ceph リポジトリーを設定し、ブートストラップ用にストレージクラスターを準備します。また、podmanlvm2chronydcephadm などのいくつかの前提条件もインストールします。cephadm-ansible および cephadm- preflight.yml のデフォルトの場所は /usr/share/cephadm-ansible です。

プリフライト Playbook は cephadm-ansible インベントリーファイルを使用して、ストレージクラスターのすべての管理者およびノードを特定します。

インベントリーファイルのデフォルトの場所は /usr/share/cephadm-ansible/hosts です。以下の例は、一般的なインベントリーファイルの構造を示しています。

node1
node2
node3

[admin]
node00

インベントリーファイルの [admin] グループには、管理者キーリングが保存されるノードの名前が含まれます。

注記

初期ホストをブートストラップする前に、プリフライト Playbook を実行します。

前提条件

  • Ansible がホストにインストールされている。
  • ストレージクラスター内のすべてのノードへの root レベルのアクセス。

手順

  1. /usr/share/cephadm-ansible ディレクトリーに移動します。
  2. ストレージクラスターの初期ホストでプリフライト Playbook を実行します。

    構文

     ansible-playbook -i INVENTORY-FILE cephadm-preflight.yml --extra-vars "ceph_origin=rhcs"

    [root@admin ~]# ansible-playbook -i /usr/share/cephadm-ansible/hosts cephadm-preflight.yml --extra-vars "ceph_origin=rhcs"

    インストールが完了すると、cephadm/usr/sbin/ ディレクトリーに配置されます。

    • --limit オプションを使用して、ストレージクラスターの選択したホストでプリフライト Playbook を実行します。

      構文

      ansible-playbook -i INVENTORY-FILE cephadm-preflight.yml --extra-vars "ceph_origin=rhcs" --limit OSD_GROUP|NODE_NAME

      [root@admin ~]# ansible-playbook -i /usr/share/cephadm-ansible/hosts cephadm-preflight.yml --extra-vars "ceph_origin=rhcs" --limit my-osd-group
      [root@admin ~]# ansible-playbook -i /usr/share/cephadm-ansible/hosts cephadm-preflight.yml --extra-vars "ceph_origin=rhcs" --limit my-nodes

    • プリフライト Playbook を実行すると、cephadm-ansible は自動的にクライアントノードに chronyd および ceph-common をインストールします。