4.7. バックアップファイルの復元

ストレージクラスターの各ノードでホスト OS アップグレードを完了した後、アップグレードしたノードが保存された設定を使用するように、前の手順でバックアップしたすべてのファイルを復元します。

そのホストの OS アップグレードプロセスが完了した後に、ストレージクラスターの各ホストでこのプロセスを繰り返します。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage クラスターが実行中である。
  • ストレージクラスター内のすべてのノードへの root レベルのアクセス。

手順

  1. ホスト OS がホストをアップグレードする前にバックアップしたファイルを復元します。
  2. ceph.client.admin.keyringceph.conf ファイルなどを含む、/etc/ceph フォルダーおよびその内容をすべてのホストに復元します。
  3. 各ノードに /etc/ganesha/ フォルダーを復元します。
  4. オペレーティングシステムのアップグレード後に、バックアップされた各ファイルの所有権が変更していないことを確認します。ファイルの所有者は ceph である必要があります。ファイル所有者が root に変更された場合は、各ファイルで以下のコマンドを使用し、所有者を ceph に戻します。

    [root@admin]# chown ceph: ceph.client.rbd-mirror.node01.keyring

  5. Red Hat Enterprise Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 8 にアップグレードし、ストレージクラスターに RBD ミラーリングが定義されている場合は、バックアップコピーから /etc/ceph フォルダーを復元します。
  6. 前のステップでバックアップした group_vars/rbdmirrors.yml ファイルを復元します。