第3章 Red Hat Ceph Storage のインストール

ストレージ管理者は、cephadm ユーティリティーを使用して、新しい Red Hat Ceph Storage クラスターをデプロイできます。

cephadm ユーティリティーは、Ceph クラスターのライフサイクル全体を管理します。インストールおよび管理タスクは、2 種類の操作で構成されます。

  • Day One 操作では、単一ノードで実行される、最小限のコンテナー化された Ceph ストレージクラスターのインストールとブートストラップが行われます。Day One には、Monitor および Manager デーモンのデプロイや Ceph OSD の追加も含まれます。
  • Day Two 操作では、Ceph オーケストレーションインターフェースである cephadm orch または Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用して、他の Ceph サービスをストレージクラスターに追加することで、ストレージクラスターを拡張します。

3.1. 前提条件

  • アクティブなインターネット接続のある稼働中の仮想マシン (VM) またはベアメタルサーバー 1 つ以上。
  • Red Hat Enterprise Linux 8.4 以降
  • Ansible 2.9 以降。
  • 適切なエンタイトルメントを持つ有効な Red Hat サブスクリプション。
  • 全ノードへの root レベルのアクセス。
  • Red Hat Registry にアクセスするためのアクティブな Red Hat Networ k(RHN) またはサービスアカウント。