3.3. cephadm の仕組み

cephadm コマンドは、Red Hat Ceph Storage クラスターの完全なライフサイクルを管理します。cephadm コマンドは、以下の操作を行うことができます。

  • 新しい Red Hat Ceph Storage クラスターをブートストラップします。
  • Red Hat Ceph Storage コマンドラインインターフェース (CLI) と連携するコンテナー化されたシェルを起動します。
  • コンテナー化されたデーモンのデバッグを支援します。

cephadm コマンドは ssh を使用してストレージクラスターのノードと通信します。これにより、外部ツールを使用せずに Red Hat Ceph Storage コンテナーを追加、削除、または更新できます。ブートストラッププロセス時に ssh キーのペアを生成するか、独自の ssh キーを使用します。

cephadm ブートストラッププロセスでは、1 つの Ceph Monitor と 1 つの Ceph Manager で構成される、単一のノードに小規模なストレージクラスターと、必要な依存関係が作成されます。次に、オーケストレーター CLI または Red Hat Ceph Storage Dashboard を使用し、ノードが含まれるようにストレージクラスターを拡張し、すべての Red Hat Ceph Storage デーモンおよびサービスをプロビジョニングします。CLI または Red Hat Ceph Storage Dashboard の Web インターフェースから管理機能を実行できます。

注記

cephadm ユーティリティーは、Red Hat Ceph Storage 5.0 の新機能です。これよりも古いバージョンの Red Hat Ceph Storage はサポートしません。

Cephadm deployment