3.5. Ansible インベントリー場所の設定

cephadm-ansible ステージングおよび実稼働環境のインベントリー場所ファイルを設定できます。

前提条件

  • Ansible 管理ノード。
  • Ansible 管理ノードへのルートレベルのアクセス。
  • cephadm-ansible パッケージがノードにインストールされている。

手順

  1. /usr/share/cephadm-ansible ディレクトリーに移動します。

    [root@admin ~]# cd /usr/share/cephadm-ansible
  2. 必要に応じて、ステージングおよび実稼働環境用のサブディレクトリーを作成します。

    [root@admin cephadm-ansible]# mkdir -p inventory/staging inventory/production
  3. 必要に応じて、ansible.cfg ファイルを編集し、以下の行を追加してデフォルトのインベントリーの場所を割り当てます。

    [defaults]
    inventory = ./inventory/staging
  4. 必要に応じて、各環境の インベントリー hosts ファイルを作成します。

    [root@admin cephadm-ansible]# touch inventory/staging/hosts
    [root@admin cephadm-ansible]# touch inventory/production/hosts
  5. hosts ファイルを開き、nodes および [admin] グループに追加します。

    NODE_NAME_1
    NODE_NAME_2
    
    [admin]
    ADMIN_NODE_NAME_1
    • NODE_NAME_1 を、モニター、OSD、MDS、ゲートウェイノードなどの Ceph ノードに置き換えます。
    • ADMIN_NODE_NAME_1 は、管理キーリングが保存されるノードの名前に置き換えます。

      node1
      node2
      node3
      
      [admin]
      node00

      注記

      ansible.cfg ファイルのインベントリーの場所を staging に設定する場合は、以下のようにステージング環境で Playbook を実行する必要があります。

      [root@admin cephadm-ansible]# ansible-playbook -i inventory/staging/hosts PLAYBOOK.YML

      実稼働環境で Playbook を実行するには、以下を実行します。

      [root@admin cephadm-ansible]# ansible-playbook -i inventory/production/hosts PLAYBOOK.YML