3.8.6. 非接続インストールのカスタムレジストリーの設定

非接続インストール手順を使用して cephadm をインストールし、クラスターをプライベートネットワークでブートストラップできます。非接続インストールでは、インストールにカスタムコンテナーレジストリーが使用されます。

前提条件

  • 1 つ以上の稼働中の仮想マシン (VM) またはサーバー。
  • Red Hat Enterprise Linux 8.4 以降
  • 全ノードへの root レベルのアクセス。
  • パスワードなしの ssh がストレージクラスター内のすべてのホストに設定されます。
  • Red Hat Ceph Storage コンテナーイメージ。
  • コンテナーイメージはカスタムレジストリーにあります。
  • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は Docker、または Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は podman がインストールされている。Red Hat Enterprise Linux 7 で、docker サービスが実行している。

手順

デプロイメント時に Red Hat Ceph Storage ノードがインターネットにアクセスできない場合は、この手順を使用します。インターネットとローカルクラスターの両方にアクセスできるノードで、以下の手順を実行します。

  1. パブリックネットワークとクラスターノードの両方にアクセスできるノードにログインします。
  2. ノードを登録します。プロンプトが表示されたら、適切な Red Hat カスタマーポータルの認証情報を入力します。

    構文

    subscription-manager register

  3. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

    構文

    subscription-manager refresh

  4. Red Hat Ceph Storage で利用可能なサブスクリプションの一覧を表示します。

    subscription-manager list --available --all --matches="*Ceph*"

    Red Hat Ceph Storage の利用可能なサブスクリプションのリストから Pool ID をコピーします。

  5. サブスクリプションを割り当て、ソフトウェアエンタイトルメントにアクセスします。

    構文

    subscription-manager attach --pool=POOL_ID

    置き換え
    • POOL_ID を、直前の手順で特定したプール ID に置き換えます。
  6. デフォルトのソフトウェアリポジトリーを無効にし、各バージョンの Red Hat Enterprise Linux でサーバーおよび追加のリポジトリーを有効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    subscription-manager repos --disable=*
    subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rpms
    subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-extras-rpms

    Red Hat Enterprise Linux 8

    subscription-manager repos --disable=*
    subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
    subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

  7. コンテナーランタイムをインストールします。

    Red Hat Enterprise Linux 7:

    yum install docker

    Red Hat Enterprise Linux 8:

    dnf install podman

  8. システムを更新して、最新のパッケージを受け取ります。

    Red Hat Enterprise Linux 7:

    yum update

    Red Hat Enterprise Linux 8:

    dnf update

  9. ローカルレジストリーを起動します。Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は docker、または Red Hat Enterprise Linux 8 の場合は podman を使用します。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    docker run -d -p 5000:5000 --restart=always --name registry registry:2

    Red Hat Enterprise Linux 8

    podman run -d -p 5000:5000 --restart=always --name registry registry:2

  10. registry.redhat.io がコンテナーレジストリーの検索パスにあることを確認します。

    1. /etc/containers/registries.conf ファイルを編集します。

      [registries.search]
      registries = [ 'registry.access.redhat.com', 'registry.fedoraproject.org', 'registry.centos.org', 'docker.io']

    2. registry.redhat.io がファイルに含まれていない場合は、これを追加します。

      [registries.search]
      registries = ['registry.redhat.io', 'registry.access.redhat.com', 'registry.fedoraproject.org', 'registry.centos.org', 'docker.io']

  11. Red Hat カスタマーポータル から Red Hat Ceph Storage 5.0 イメージ、Prometheus イメージ、および Dashboard イメージをプルします。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    # docker pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-rhel8:latest
    # docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
    # docker pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8:latest
    # docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6
    # docker pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6

    Red Hat Enterprise Linux 8

    # podman pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-rhel8:latest
    # podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
    # podman pull registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8:latest
    # podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6
    # podman pull registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6

  12. イメージにタグを付けます。LOCAL_NODE_FQDN はローカルホスト FQDN (完全修飾ドメイン名) に置き換えます。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    # docker tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-rhel8:latest
    # docker tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
    # docker tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8:latest
    # docker tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
    # docker tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

    Red Hat Enterprise Linux 8

    # podman tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-rhel8:latest
    # podman tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
    # podman tag registry.redhat.io/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8:latest LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8:latest
    # podman tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
    # podman tag registry.redhat.io/openshift4/ose-prometheus:v4.6 LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

  13. /etc/containers/registries.conf ファイルを編集します。LOCAL_NODE_FQDN の代わりに、ポートを含むノードの FQDN をファイルに追加し、保存します。

    構文

    [registries.insecure]
    registries = ['LOCAL_NODE_FQDN:5000']

    注記

    この手順は、ローカルコンテナーレジストリーにアクセスするすべてのストレージクラスターノードで実行する必要があります。

  14. 起動したローカルコンテナーレジストリーにイメージをプッシュします。LOCAL_NODE_FQDN の代わりにローカルノードの FQDN を使用します。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    # docker push LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-rhel8
    # docker push LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
    # docker push LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8
    # docker push LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
    # docker push LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

    Red Hat Enterprise Linux 8

    # podman push LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-rhel8
    # podman push LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-node-exporter:v4.6
    # podman push LOCAL_NODE_FQDN:5000/rhceph/rhceph-5-dashboard-rhel8
    # podman push LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus-alertmanager:v4.6
    # podman push LOCAL_NODE_FQDN:5000/openshift4/ose-prometheus:v4.6

  15. docker サービスを再起動します。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    systemctl restart docker