3.8.3. サービス設定ファイルを使用したストレージクラスターのブートストラップ

ストレージ管理者は、サービス設定ファイルおよび --apply-spec オプションを使用してストレージクラスターをブートストラップし、追加のホストおよびデーモンを設定できます。設定ファイルは、デプロイするサービスのサービスタイプ、配置、および指定されたノードが含まれる .yaml ファイルです。

注記

マルチサイトなどのアプリケーションにデフォルト以外のレルムまたはゾーンを使用する場合は、それらを設定ファイルに追加して --apply-spec オプションを使用する代わりに、ストレージクラスターをブートストラップした後に RGW デーモンを設定します。これにより、Ceph Object Gateway デーモンをデプロイする前に必要なレルムまたはゾーンを作成する機会が得られます。詳細は、『Red Hat Ceph Storage Operations Guide』を参照してください。

前提条件

  • 1 つ以上の稼働中の仮想マシン (VM) またはサーバー。
  • Red Hat Enterprise Linux 8.4 以降
  • 全ノードへの root レベルのアクセス。
  • パスワードなしの ssh がストレージクラスター内のすべてのホストに設定されます。
  • cephadm は、ストレージクラスターの最初の Monitor ノードにするノードにインストールされます。

手順

  1. ブートストラップホストにログインします。
  2. ストレージクラスターのサービス設定の .yaml ファイルを作成します。このサンプルファイルは、cephadm bootstrap に対して、最初のホストおよび 2 つの追加ホストを設定するよう指示し、利用可能なすべてのディスクに OSD を作成するように指定します。

    service_type: host
    addr: node-00
    hostname: node-00
    ---
    service_type: host
    addr: node-01
    hostname: node-01
    ---
    service_type: host
    addr: node-02
    hostname: node-02
    ---
    service_type: osd
    placement:
      host_pattern: "*"
    data_devices:
      all: true

  3. --apply-spec オプションを使用してストレージクラスターをブートストラップします。

    構文

    cephadm bootstrap --apply-spec CONFIGURATION_FILE_NAME --mon-ip MONITOR-IP-ADDRESS

    [root@vm00 ~]# cephadm bootstrap --apply-spec initial-config.yaml --mon-ip 10.10.128.68

    スクリプトが完了するまで数分かかります。スクリプトが完了すると、Red Hat Ceph Storage Dashboard URL へのクレデンシャル、Ceph コマンドラインインターフェース (CLI) にアクセスするコマンド、およびテレメトリーを有効にする要求が提供されます。

  4. ストレージクラスターが稼働状態になったら、追加のデーモンとサービスの設定の詳細について『Red Hat Ceph Storage Operations Guide』を参照してください。

関連情報