2.2. Red Hat Ceph Storage の基本的な考慮事項

Red Hat Ceph Storage を使用するための最初の考慮事項は、データのストレージストラテジーの開発についてです。ストレージストラテジーとは、特定のユースケースに対応するためのデータを保管する手法を指します。OpenStack などのクラウドプラットフォームのボリュームおよびイメージを保存する必要がある場合は、ジャーナル用に Solid State Drives(SSD)を使用する高速な Serial Attached SCSI(SAS)ドライブにデータを保存することができます。一方、S3 または Swift 準拠のゲートウェイのオブジェクトデータを保存する必要がある場合は、従来の Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ドライブなど、より経済的な方法を使用できます。Red Hat Ceph Storage は、同じストレージクラスターの両方のシナリオに対応しますが、クラウドプラットフォーム用に高速ストレージストラテジーと、オブジェクトストア用に従来のストレージを提供する手段が必要です。

Ceph のデプロイメントを正常に実行するための最も重要な手順の 1 つとして、クラスターのユースケースとワークロードに適した価格性能比のプロファイルを特定します。ユースケースに適したハードウェアを選択することが重要です。例えば、コールドストレージアプリケーション用に IOPS が最適化されたハードウェアを選択すると、ハードウェアのコストが必要以上に増加します。一方で、IOPS を多用するワークロードにおいて、より魅力的な価格帯のために容量を最適化したハードウェアを選択すると、パフォーマンスの低下に不満を持つユーザーが出てくる可能性が高くなります。

Red Hat Ceph Storage は、複数のストレージストラテジーをサポートできます。健全なストレージ戦略を策定するには、ユースケース、費用対効果、パフォーマンスのトレードオフ、データの耐久性などを考慮する必要があります。

ユースケース

Ceph は大容量のストレージを提供し、多くのユースケースをサポートします。

  • Ceph Block Device クライアントは、クラウドプラットフォーム向けの代表的なストレージバックエンドで、ボリュームやイメージに対して制限なくストレージを提供し、コピーオンライトクローニングなど、高パフォーマンス機能を備えています。
  • Ceph Object Gateway クライアントは、音声、ビットマップ、ビデオなどのオブジェクト向けの RESTful S3 準拠のオブジェクトおよび Swift 準拠のオブジェクトストレージを提供するクラウドプラットフォームの主要なストレージバックエンドです。
  • 従来のファイルストレージである Ceph ファイルシステム。

コスト vs.パフォーマンス

速度、サイズ、耐久性など高いほうが優れています。ただし、優れた品質にはそれぞれコストがかかるので、費用対効果の面でトレードオフがあります。パフォーマンスの観点からの以下のユースケースを考慮してください。SSD は、比較的少ないデータおよびジャーナリング用に、非常に高速ストレージを提供できます。データベースやオブジェクトインデックスの保存には、非常に高速な SSD のプールが有効ですが、他のデータの保存にはコストがかかりすぎてしまいます。SSD ジャーナリングのある SAS ドライブは、ボリュームやイメージを安価かつ高速なパフォーマンスで提供できます。SSD ジャーナリングのない SATA ドライブは、全体的なパフォーマンスは低くなりますが、ストレージの価格を安価に抑えることができます。OSD の CRUSH 階層を作成する場合は、ユースケースと許容コスト/パフォーマンスのトレードオフを考慮する必要があります。

データの持続性

大規模なクラスターでは、ハードウェア障害は想定されており、例外ではありません。ただし依然として、データの損失および中断は受け入れられません。そのため、データの持続性は非常に重要になります。Ceph は、オブジェクトの複数のレプリカコピー、またはイレイジャーコーディングおよび複数のコーディングのチャンクでデータの持続性に対応します。複数のコピーまたはコーディングチャンクにより、さらに費用対効果の面でのトレードオフが分かります。コピーやコーディングのチャンクが少ない場合にはコストがかかりませんが、パフォーマンスが低下した状態で、書き込み要求に対応できなくなる可能性があります。通常、追加のコピーまたはコーディングチャンクが 2 つあるオブジェクトを使用すると、ストレージクラスターが復旧する間に、パフォーマンスが低下した状態でクラスターの書き込みを行うことができます。

レプリケーションでは、ハードウェア障害に備えて、障害ドメインをまたいで 1 つ以上のデータの冗長コピーを保存します。しかし、データの冗長コピーは、規模が大きくなるとコスト高になります。たとえば、1 ペタバイトのデータを 3 つのレプリケーションで保存するには、少なくとも容量が 3 ペタバイトあるストレージクラスターが必要になります。

イレイジャーコーディングでは、データをデータチャンクとコーディングチャンクに分けて保存します。データチャンクが失われた場合には、イレイジャーコーディングにより、残りのデータチャンクとコーディングチャンクで失われたデータチャンクを回復できます。イレイジャーコーディングはレプリケーションに比べて大幅に経済的です。たとえば、データチャンク 8 つとコーディングチャンク3 つのイレイジャーコーディングを使用すると、データのコピーが 3 つある状態と同じ冗長性が得られます。ただし、このようなエンコーディングスキームでは、初期のデータ保存量が約 1.5 倍になるのに対し、レプリケーションでは 3 倍になります。

CRUSH アルゴリズムは、Ceph が、ストレージクラスター内の異なる場所に追加のコピーまたはコーディングチャンクを保存して、このプロセスをサポートします。これにより、1 つのストレージデバイスまたはノードに障害が発生しても、データ損失を回避するために必要なコピーやコーディングチャンクがすべて失われないようにします。費用対効果の面でのトレードオフやデータの耐性を考慮してストレージ戦略を計画し、ストレージプールとして Ceph クライアントに提示します。

重要

データストレージプールのみがイレイジャーコーディングを使用できます。サービスデータやバケットインデックスを格納するプールはレプリケーションを使用します。

重要

Ceph のオブジェクトコピーやコーディングチャンクを使用すると、RAID ソリューションが古く感じられます。Ceph はすでにデータの持続性に対応しており、質の低い RAID ではパフォーマンスに悪影響があり、RAID を使用してデータを復元すると、ディープコピーや消失訂正を使用するよりもはるかにスピードが遅くなるので、RAID は使用しないでください。

関連情報