4.4. ホスト OS アップグレード前のファイルのバックアップ

注記

ホスト OS をアップグレードする場合のみ、本セクションの手順を実行します。ホスト OS をアップグレードしない場合は、本セクションを省略します。

アップグレード手順を実行する前に、ストレージクラスター用にカスタマイズしたファイルのバックアップコピーを作成する必要があります。これには、設定のキーリングファイルおよび yml ファイルが含まれます。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage 4 クラスター。
  • 有効なカスタマーサブスクリプションです。
  • Ansible 管理ノードへのルートレベルのアクセス。
  • Ansible アプリケーションで使用する Ansible ユーザーアカウント。
  • Red Hat Ceph Storage Tools および Ansible リポジトリーが有効になっている。

手順

  1. ceph.client.admin.keyring ファイルのバックアップコピーを作成します。
  2. 各ノードから ceph.conf ファイルのバックアップコピーを作成します。
  3. 各ノードの /etc/ganesha/ フォルダーのバックアップコピーを作成します。
  4. ストレージクラスターで RBD ミラーリングが定義されている場合には、/etc/ceph フォルダーおよび group_vars/rbdmirrors.yml ファイルのバックアップコピーを作成します。

関連情報