2.4. 同じハードウェア構成

プールを作成し、プール内の OSD ハードウェアが同じになるように CRUSH 階層を定義します。

  • 同じコントローラー。
  • 同じドライブのサイズ。
  • 同じ RPM。
  • 同じシーク時間。
  • 同じ I/O。
  • 同じネットワークスループット。
  • 同じジャーナル設定。

プール内で同じハードウェアを使用することで、一貫したパフォーマンスプロファイルが得られ、プロビジョニングが簡素化され、トラブルシューティングの効率が上がります。

警告

複数のストレージデバイスを使用する場合 (再起動時に場合によってはデバイスの順序が変わることがあります)。この問題のトラブルシューティングは、「How do I change the order of storage devices during boot in RHEL 7?」を参照してください。