Menu Close

6.2. Ceph OSD の設定

すべての Ceph クラスターには、以下の項目を定義する設定があります。

  • クラスター ID
  • 認証設定
  • クラスター内の Ceph daemon のメンバーシップ
  • ネットワーク設定
  • ホスト名およびアドレス
  • キーリングへのパス
  • OSD ログファイルへのパス
  • その他のランタイムオプション

cephadm などのデプロイメントツールは、通常、初期の Ceph 設定ファイルを作成します。ただし、デプロイメントツールを使用してクラスターをブートストラップする場合には、独自に作成することができます。

便利なように、各デーモンには一連のデフォルト値が用意されています。多くは ceph/src/common/config_opts.h スクリプトで設定されます。これらの設定は、Ceph 設定ファイル、またはランタイム時にモニターの tell コマンドを使用するか、Ceph ノード上のデーモンソケットに直接接続して上書きできます。

重要

Red Hat では、Ceph を後でトラブルシューティングするのが難しくなるため、デフォルトのパスを変更することは推奨していません。

関連情報