Menu Close

1.7. 実行時における特定設定の定義

実行時に特定の Ceph 設定を定義するには、ceph config set コマンドを使用します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ceph Monitor または OSD ノードへの root レベルのアクセス

手順

  1. すべての Monitor または OSD デーモンの設定を定義します。

    構文

    ceph config set DAEMON CONFIG-OPTION VALUE

    [root@mon ~]# ceph config set osd debug_osd 10

  2. オプションと値が設定されていることを検証します。

    [root@mon ~]# ceph config dump
    osd      advanced debug_osd  10/10

    • すべてのデーモンから設定オプションを削除するには、以下を実行します。

      構文

      ceph config rm DAEMON CONFIG-OPTION VALUE

      [root@mon ~]# ceph config rm osd debug_osd

    • 特定のデーモンの設定を設定するには、以下を実行します。

      構文

      ceph config set DAEMON.DAEMON-NUMBER CONFIG-OPTION VALUE

      [root@mon ~]# ceph config set osd.0 debug_osd 10

    • 指定したデーモンに設定が定義されていることを確認するには、以下を実行します。

      [root@mon ~]# ceph config dump
      osd.0      advanced debug_osd     10/10

    • 特定のデーモンの設定を削除するには、次のコマンドを実行します。

      構文

      ceph config rm DAEMON.DAEMON-NUMBER CONFIG-OPTION

      [root@mon ~]# ceph config rm osd.0 debug_osd

注記

設定データベースからのオプションの読み取りをサポートしていないクライアントを使用している場合、または他の理由でクラスターの設定を変更するために ceph.conf を使用する必要がある場合は、次のコマンドを実行します。

ceph config set mgr mgr/cephadm/manage_etc_ceph_ceph_conf false

ceph.conf ファイルを維持してストレージクラスター全体に配布する必要があります。