Menu Close

7.4. OSD がダウンであることの報告

デフォルトでは、異なるホスト の 2 つの Ceph OSD デーモンは、報告された Ceph OSD デーモンが down していることを Ceph モニターが確認する前に、別の CephOSD デーモンが down していることを Ceph モニターに報告する必要があります。

しかし、障害を報告するすべての OSD が、ラック内の異なるホストに設置されており、スイッチ不良により OSD 間の接続に問題が生じる場合があります。

「誤報」を避けるために、Ceph は障害を報告したピアを、同様に遅延している「サブクラスター」の代理として考えます。これは必ずしもそうとは限りませんが、管理者が、パフォーマンスの低下しているシステムのサブセットに局所的に適切な補正を適用するのに役立つ場合があります。

Ceph は mon_osd_reporter_subtree_level 設定を使用して、CRUSH マップの共通の先復元タイプでピアを「subcluster」にグループ化します。

デフォルトでは、異なるサブツリーからわずか 2 つのレポートは、他の Ceph OSD デーモン down を報告する必要があります。管理者は、mon_osd_min_down_reporters および mon_osd_reporter_subtree_level の値をランタイム時に設定することで、Ceph Monitor に Ceph OSD デーモンのdown を報告するために必要な固有のサブツリーと共通の祖先型からレポーターの数を変更することができます。

構文

ceph config set mon mon_osd_min_down_reporters NUMBER

[ceph: root@host01 /]# ceph config set mon mon_osd_min_down_reporters 4

構文

ceph config set mon mon_osd_reporter_subtree_level CRUSH_ITEM

[ceph: root@host01 /]# ceph config set mon mon_osd_reporter_subtree_level host
[ceph: root@host01 /]# ceph config set mon mon_osd_reporter_subtree_level rack
[ceph: root@host01 /]# ceph config set mon mon_osd_reporter_subtree_level osd

Report Down OSDs