Menu Close

付録E プール、配置グループ、および CRUSH の設定オプション

プール、配置グループ、および CRUSH アルゴリズムを管理する Ceph のオプションです。

mon_allow_pool_delete
詳細
モニターがプールを削除することができます。RHCS 3 以降のリリースでは、データ保護のための追加措置として、モニターはデフォルトでプールを削除できません。
タイプ
ブール値
デフォルト
false
mon_max_pool_pg_num
詳細
プールあたりの配置グループの最大数
タイプ
整数
デフォルト
65536
mon_pg_create_interval
詳細
同じ Ceph OSD デーモンでの PG 作成の間の秒数
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
30.0
mon_pg_stuck_threshold
詳細
PG がスタックしていると判断できるまでの秒数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
300
mon_pg_min_inactive
詳細
Ceph は、mon_pg_stuck_threshold より長く非アクティブのままの PG の数がこの設定を超える場合に、クラスターログに HEALTH_ERR ステータスを発行します。デフォルト設定は 1 つの PG です。正数以外の数値を指定すると、この設定は無効になります。
タイプ
整数
デフォルト
1
mon_pg_warn_min_per_osd
詳細
Ceph は、クラスター内の OSD ごとの PG の平均数がこの設定よりも小さい場合に、クラスターログで HEALTH_WARN ステータスを発行します。正数以外の数値を指定すると、この設定は無効になります。
タイプ
整数
デフォルト
30
mon_pg_warn_max_per_osd
詳細
Ceph は、クラスター内の OSD ごとの PG の平均数がこの設定よりも大きい場合に、クラスターログの HEALTH_WARN ステータスを発行します。正数以外の数値を指定すると、この設定は無効になります。
タイプ
整数
デフォルト
300
mon_pg_warn_min_objects
詳細
クラスター内のオブジェクトの総数がこの数以下の場合は警告を発生しません。
タイプ
整数
デフォルト
1000
mon_pg_warn_min_pool_objects
詳細
オブジェクト数がこの数以下のプールには警告を発生しません。
タイプ
整数
デフォルト
1000
mon_pg_check_down_all_threshold
詳細
down OSD のしきい値 (パーセント) で、Ceph はすべての PG をチェックして、それらがスタックまたは古くなっていることを確認します。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
0.5
mon_pg_warn_max_object_skew
詳細
プール内のオブジェクトの平均数 mon pg warn max object skew を超える場合、Ceph はクラスターログで HEALTH_WARN ステータスを発行します。正数以外の数値を指定すると、この設定は無効になります。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
10
mon_delta_reset_interval
詳細
Ceph が PG デルタをゼロにリセットするまでの非アクティブ時の秒数。Ceph は、各プールの使用済み容量のデルタを追跡し、管理者がリカバリーの進捗状況やパフォーマンスを評価するのに役立てます。
タイプ
整数
デフォルト
10
mon_osd_max_op_age
詳細
HEALTH_WARN ステータスを発行する前に操作が完了するまでの最大期間 (秒単位)。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
32.0
osd_pg_bits
詳細
Ceph OSD デーモンごとの配置グループのビット数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
6
osd_pgp_bits
詳細
配置目的の配置グループ (PGP) の Ceph OSD デーモンあたりのビット数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
6
osd_crush_chooseleaf_type
詳細
CRUSH ルールで chooseleaf に使用するバケットタイプ。名前ではなく従来のランクを使用します。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
1.通常は、1 つまたは複数の Ceph OSD デーモンを含むホストです。
osd_pool_default_crush_replicated_ruleset
詳細
レプリケートされたプールを作成する際に使用するデフォルトの CRUSH ルールセット
タイプ
8 ビット整数
デフォルト
0
osd_pool_erasure_code_stripe_unit
詳細
イレイジャーコード化されたプールのオブジェクトストライプのチャンクのデフォルトサイズをバイト単位で設定します。サイズ S のすべてのオブジェクトは N ストライプとして格納され、各データチャンクは stripe unit バイトを受け取ります。N * stripe unit バイトの各ストライプは、個別にエンコード/エンコードされます。このオプションは、イレイジャーコードプロファイルの stripe_unit 設定で上書きできます。
タイプ
32 ビット符号なし整数
デフォルト
4096
osd_pool_default_size
詳細
プール内のオブジェクトのレプリカ数を設定します。デフォルト値は、ceph osd pool set {pool-name} size {size} と同じです。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
3
osd_pool_default_min_size
詳細
プール内のオブジェクトに対して、クライアントへの書き込み操作を確認するための、書き込み済みレプリカの最小数を設定します。最小値が満たされていない場合、Ceph はクライアントへの書き込みを確認しません。この設定により、degraded モードで動作している場合にレプリカの最小数を確保できます。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
0 (これは、特定の最小値がないことを意味します)0 の場合、最小は size - (size / 2) になります。
osd_pool_default_pg_num
詳細
プールの配置グループのデフォルト数。デフォルト値は、mkpoolpg_num と同じです。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
32
osd_pool_default_pgp_num
詳細
プールに対する配置の配置グループのデフォルト数です。デフォルト値は、mkpoolpgp_num と同じです。PG と PGP は同じであるべきです。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
0
osd_pool_default_flags
詳細
新しいプールのデフォルトフラグ
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
0
osd_max_pgls
詳細
リストアップする配置グループの最大数。大きな数を要求するクライアントは、Ceph OSD デーモンを拘束できます。
タイプ
署名なし 64 ビット整数
デフォルト
1024
備考
デフォルトで問題ありません。
osd_min_pg_log_entries
詳細
ログファイルをトリミングする際に維持する配置グループログの最小数
タイプ
32 ビット符号なし整数
デフォルト
250
osd_default_data_pool_replay_window
詳細
クライアントが要求を再生するのを OSD が待つ時間 (秒)
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
45