Menu Close

1.10. MDS メモリーキャッシュの制限

MDS サーバーは、そのメタデータを別のストレージプール (cephfs_metadata) に保持し、Ceph OSD のユーザーです。Ceph File System の場合、MDS サーバはストレージクラスター内の単一のストレージデバイスだけでなく、Red Hat Ceph Storage クラスター全体をサポートする必要があるため、特にワークロードが小/中サイズのファイルで構成されている場合 (データに対するメタデータの比率が高い)、メモリー要件が大きくなる可能性があります。

例: mds_cache_memory_limit を 2000000000 バイトに設定

ceph_conf_overrides:
  osd:
    mds_cache_memory_limit=2000000000
注記

メタデータを多用するワークロードを持つ大規模な Red Hat Ceph Storage クラスターでは、MDS サーバーを他のメモリーを多用するサービスと同じノードに置かないでください。そうすることで、より多くのメモリー (たとえば 100 GB を超えるサイズ) を MDS に割り当てることができます。

関連情報