Menu Close

付録A 一般的な設定オプション

Ceph の一般的な設定オプションを以下に示します。

注記

通常は、cephadm などのデプロイメントツールによって自動的に設定されます。

fsid
詳細
ファイルシステム ID です。クラスターごとに 1 つ。
UUID
必須
いいえ
デフォルト
該当なし。通常、デプロイメントツールによって生成されます。
admin_socket
詳細
Ceph モニターがクォーラムを確立しているかどうかにかかわらず、デーモンの管理コマンドを実行するためのソケット
タイプ
文字列
必須
No
デフォルト
/var/run/ceph/$cluster-$name.asok
pid_file
詳細
モニターや OSD が自分の PID を書き込むためのファイル。たとえば、/var/run/$cluster/$type.$id.pid は、ceph クラスターで実行している id a を持つ mon の /var/run/ceph/mon.a.pid を作成します。pid file は、デーモンが正常に停止すると削除されます。プロセスがデーモン化されていない場合 (つまり、-f オプションまたは -d オプションで実行)、pid file は作成されません。
文字列
必須
No
デフォルト
No
chdir
詳細
Ceph デーモンが起動してから変更するディレクトリー。デフォルトの / ディレクトリーが推奨されます。
タイプ
文字列
必須
No
デフォルト
/
max_open_files
詳細
これが設定されている場合には、Red Hat Ceph Storage クラスターが起動すると Ceph は OS レベルで max_open_fds を設定します (つまりファイル記述子の最大数 #)。これにより、Ceph OSD がファイル記述子を使い果たすのを防ぐことができます。
タイプ
64 ビット整数
必須
No
デフォルト
0
fatal_signal_handlers
詳細
設定されていると、SEGV、ABRT、BUS、ILL、FPE、XCPU、XFSZ、SYS シグナルのシグナルハンドラーをインストールして、有用なログメッセージを生成します。
タイプ
ブール値
デフォルト
true