Menu Close

1.4. Ceph メタ変数の使用

メタ変数は、Ceph ストレージクラスターの設定を大幅に簡素化します。メタ変数が設定値に設定されると、Ceph はそのメタ変数を具体的な値に展開します。

メタ変数は、Ceph 設定ファイルの [global] セクション、[osd] セクション、[mon] セクション、または [client] セクション内で使用すると非常に強力です。しかし、管理用ソケットでも使用可能です。Ceph メタ変数は、Bash のシェル拡張に似ています。

Ceph は以下のメタ変数をサポートしています。

$cluster
詳細
Ceph ストレージクラスター名に展開します。同じハードウェアで複数の Ceph ストレージクラスターを実行する場合に便利です。
/etc/ceph/$cluster.keyring
デフォルト
ceph
$type
詳細
インスタントデーモンのタイプに応じて、osd または mon のいずれかに展開します。
/var/lib/ceph/$type
$id
詳細
デーモン識別子に拡張します。osd.0 の場合、これは 0 になります。
/var/lib/ceph/$type/$cluster-$id
$host
詳細
インスタントデーモンのホスト名に展開します。
$name
詳細
$type.$id まで展開します。
/var/run/ceph/$cluster-$name.asok