Menu Close

2.4. パブリックネットワークの設定

Ceph ネットワークを設定するには、設定ファイルの [global] セクションにネットワーク設定を追加する必要があります。ネットワーク設定で定義する IP アドレスは、ネットワーククライアントがサービスにアクセスする際に使用する公開用の IP アドレスと異なる点に注意してください。

Cephは、パブリックネットワークとだけ完全に機能します。しかし、Ceph では、複数の IP ネットワークなど、より具体的な条件をパブリックネットワークに設定することができます。

また、OSD ハートビート、オブジェクトのレプリケーション、およびリカバリートラフィックを処理するために、別のプライベートクラスターネットワークを構築することもできます。プライベートネットワークの詳細については、「プライベートネットワークの設定」を参照してください。

注記

Ceph はサブネットに CIDR 表記を使用します (例: 10.0.0.0/24)。通常、内部 IP ネットワークは 192.168.0.0/24 または 10.0.0.0/24 です。

注記

パブリックネットワークまたはクラスターネットワークのいずれかに複数の IP アドレスを指定する場合、ネットワーク内のサブネットは相互にルーティング可能でなければなりません。さらに、各 IP アドレスを IP テーブルに含め、必要に応じてポートを開くようにしてください。

パブリックネットワークの設定では、特にパブリックネットワークの IP アドレスとサブネットを定義することができます。特定のデーモンに対して、静的 IP アドレスを具体的に指定したり、public addr 設定を使用して public network 設定をオーバーライドしたりできます。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage ソフトウェアのインストール

手順

  1. Ceph 設定ファイルの [global] セクションに、以下のオプションを追加します。CIDR 形式の IP アドレスをコンマで区切って、複数のサブネットを指定することができます。

    構文

    [global]
        ...
        public_network = IP-ADDRESS

    • 特定のデーモンにパブリックネットワークを設定するには、Ceph 設定ファイルでそのデーモンのセクションに public_addr オプションを追加します。

      構文

      public_addr = IP-ADDRESS

      [mon]
      ...
      public_addr = 192.168.0.0/24

  2. クラスターを再起動するか、デーモンを再起動してください。Ceph デーモンは動的にバインドするので、特定のデーモンのネットワーク設定を変更してもクラスター全体を一度に再起動する必要はありません。

関連情報

  • 具体的なオプションの説明や使用方法は、『Red Hat Ceph Storage 設定ガイド』「付録 B」で共通オプションを参照してください。