Menu Close

3.14. Ceph の時刻同期

Ceph デーモンは、クリティカルなメッセージを相互に渡します。このメッセージは、デーモンがタイムアウトのしきい値に達する前に処理する必要があります。Ceph モニターのクロックが同期していないと、さまざまな異常が発生する可能性があります。

以下に例を示します。

  • デーモンが受信したメッセージを無視する (タイムスタンプが古いなど)。
  • メッセージ受信のタイミングが適切でない場合、タイムアウトの発生が早すぎたり遅すぎたりする。
ヒント

Ceph モニターホストに NTP をインストールして、モニタークラスターのクロックが同期した状態で動作するようにします。

NTP では、遅れによる悪影響が出ていなくても、クロックドリフトが目立つことがあります。NTP が適切なレベルの同期を維持していても、Ceph のクロックドリフトとクロックスキューの警告が発生することがあります。このような状況では、クロックドリフトを増やすことが許容できるかもしれません。しかし、ワークロード、ネットワークレイテンシー、デフォルトのタイムアウトに対するオーバーライド設定、およびその他の同期オプションなど、多くの要因が、Paxos の保証を損なうことなく許容できるクロックドリフトのレベルに影響を与えます。

関連情報