Menu Close

3.10. Ceph ストレージの容量

Red Hat Ceph Storage クラスターが最大容量 (mon_osd_full_ratio パラメーターにより指定) に近くなると、データの損失を防ぐために安全対策として Ceph OSD への書き込みや読み取りができなくなります。そのため、本番環境の Red Hat Ceph Storage クラスターをそのフル比率に近づけてしまうことは、高可用性が犠牲になってしまうのでグッドプラクテイスとは言えません。デフォルトのフル比率は、.95 (容量の 95%) です。これは、OSD の数が少ないテストクラスター用の非常に厳しい設定です。

ヒント

クラスターをモニタリングする際に、nearfull な比率に関連する警告にアラートしてください。つまり、1 つまたは複数の OSD が故障した場合、一部の OSD の障害により一時的にサービスが中断される可能性があります。ストレージの容量を増やすために、OSD の増設を検討してください。

テストクラスターの一般的なシナリオでは、システム管理者がRed Hat Ceph Storage クラスターから Ceph OSD を削除してクラスターの再バランスを観察します。その後、別の Ceph OSD を削除し、Red Hat Ceph Storage クラスターが最終的にフル比率に達してロックアップするまでこれを繰り返します。

重要

Red Hat では、テストクラスターであっても、多少の容量計画を立てることを推奨しています。計画を立てることで、高可用性を維持するためにどれだけの予備容量が必要なのかを把握することができます。

理想的には、Ceph OSD を直ちに置き換えることなく、クラスターが active + clean な状態に復元できる Ceph OSD の一連の障害を計画する必要があります。クラスターを active + degraded の状態で実行できますが、これは通常の動作条件には理想的ではありません。

次の図は、33 台の Ceph Node が含まれる単純化した Red Hat Ceph Storage クラスターを示しています。ホストごとに 1 つの Ceph OSD があり、各 Ceph OSD デーモンは 3 TB のドライブに対して読み取りおよび書き込を行います。つまり、この例の Red Hat Ceph Storage クラスターの最大実容量は 99 TB です。mon osd full ratio0.95 の場合は、Red Hat Ceph Storage クラスターが空き容量が 5 TB になると、Ceph クライアントはデータの読み取りと書き込みを許可しません。そのため、Red Hat Ceph Storage クラスターの運用上の容量は 99 TB ではなく 95 TB となります。

Storage Capacity

このようなクラスターでは、1 つまたは 2 つの OSD が故障するのが普通です。頻度は低いが妥当なシナリオとしては、ラックのルーターや電源が故障し、複数の OSD が同時にダウンすることが挙げられます (例: OSD 7 - 12)。このようなシナリオでは、さらに OSD のあるホストを短い順序で追加する場合でも、動作し続け、active + clean な状態を実現するクラスターを試す必要があります。容量利用率が高すぎると、データを失うことはないかもしれませんが、クラスターの容量利用率がフル比率を超えた場合、障害ドメイン内の障害を解決している間データの可用性が犠牲になる可能性があります。このため、Red Hat では、少なくとも大まかな容量計画を立てることを推奨しています。

クラスターに関する 2 つの数字を把握します。

  • OSD の数
  • クラスターの総容量

クラスター内の OSD の平均容量を求めるには、クラスターの総容量をクラスター内の OSD の数で割ります。この数に、通常の運用で同時に故障すると予想される OSD の数 (比較的小さい数) を乗じます。最後に、クラスターの容量にフル比率を掛けて、運用上の最大容量を算出します。そして、失敗すると予想される OSD からデータ量を差し引いて、合理的なフル比率を算出します。前述のプロセスを、より多くの OSD 故障数 (例えば、OSD のラック) で繰り返し、ほぼフル比率のための妥当な数を算出します。