Menu Close

2.3. Ceph ネットワークメッセンジャー

メッセンジャーは Ceph ネットワーク層の実装です。Red Hat は 2 種類のメッセンジャーをサポートしています。

  • simple
  • async

Red Hat Ceph Storage 4 以降では、async がデフォルトのメッセンジャータイプです。messenger タイプを変更するには、Ceph 設定ファイルの [global] セクションに ms_type 設定を指定します。

注記

async mesenger では、Red Hat は posix トランスポートタイプをサポートしますが、現在 rdma または dpdk をサポートしていません。デフォルトでは、Red Hat Ceph Storage 4 以降の ms_type 設定は async+posix を反映します。ここで、async は messenger タイプで、posix はトランスポートタイプになります。

SimpleMessenger

SimpleMessenger 実装は、1 ソケットあたり 2 つのスレッドを持つ TCP ソケットを使用します。Ceph は、各論理セッションを接続に関連付けます。パイプは、各メッセージの入力と出力を含む接続を処理します。SimpleMessenger は、posix トランスポートタイプに有効ですが、rdmadpdk などの他のトランスポートタイプには有効ではありません。

AsyncMessenger

したがって、AsyncMessenger は、Red Hat Ceph Storage 4 以降のデフォルトのメッセンジャータイプです。Red Hat Ceph Storage 4 以降では、AsyncMessenger 実装は、接続用に固定サイズのスレッドプールを持つ TCP ソケットを使用します。これは、レプリカまたはイレイジャーコードチャンクの最大数と同じでなければなりません。CPU 数が少なかったり、サーバーあたりの OSD 数が多かったりしてパフォーマンスが低下する場合は、スレッドカウントを低い値に設定することができます。

注記

現時点で、Red Hat は rdmadpdk などの他のトランスポートタイプをサポートしていません。

関連情報

  • 具体的なオプションの説明や使用方法は、『Red Hat Ceph Storage 設定ガイド』「付録 B」で AsyncMessenger オプションを参照してください。
  • Ceph messenger バージョン 2 プロトコルでの ネットワーク上の暗号化 の使用に関する詳細は、『Red Hat Ceph Storage Architecture Guide』を参照してください。