Menu Close

付録B Ceph のネットワーク設定オプション

Ceph の共通的なネットワーク設定オプションを以下に示します。

public_network
詳細
パブリック (フロントエンド) ネットワークの IP アドレスとネットマスク (例: 192.168.0.0/24)。[global] に設定します。カンマ区切りのサブネットを指定できます。
タイプ
<ip-address>/<netmask> [, <ip-address>/<netmask>]
必須
No
デフォルト
該当なし
public_addr
詳細
パブリック (フロントサイド) ネットワークの IP アドレスです。各デーモンに設定されます。
IP アドレス
必須
No
デフォルト
該当なし
cluster_network
詳細
クラスターネットワークの IP アドレスとネットマスク (例: 10.0.0.0/24)。[global] に設定します。カンマ区切りのサブネットを指定できます。
<ip-address>/<netmask> [, <ip-address>/<netmask>]
必須
No
デフォルト
該当なし
cluster_addr
詳細
クラスターネットワークの IP アドレスです。各デーモンに設定されます。
アドレス
必須
No
デフォルト
該当なし
ms_type
詳細
ネットワークトランスポート層のメッセンジャータイプです。Red Hat は、posix セマンティクスを使用した、messenger タイプ simple および async をサポートします。
文字列。
必須
いいえ
デフォルト
async+posix
ms_public_type
詳細
パブリックネットワークのネットワークトランスポート層のメッセンジャータイプです。これは ms_type と同じように動作しますが、パブリックネットワークまたはフロントエンドネットワークにのみ適用されます。この設定により、Ceph はパブリックまたはフロントエンドのネットワーク、またはサイドネットワークに異なるメッセンジャータイプを使用することができます。
文字列。
必須
いいえ
デフォルト
なし。
ms_cluster_type
詳細
クラスターネットワークのネットワークトランスポート層のメッセンジャータイプです。これは ms_type と同じように動作しますが、クラスターまたはバックサイドネットワークにのみ適用されます。この設定により、Ceph はパブリックまたはフロントエンドのネットワーク、またはサイドネットワークに異なるメッセンジャータイプを使用することができます。
タイプ
文字列。
必須
いいえ
デフォルト
なし。

ホストオプション

宣言された各モニターの下に mon addr 設定を指定して、Ceph 設定ファイル内で少なくとも 1 つの Ceph Monitor を宣言する必要があります。Ceph では、Ceph 設定ファイルの宣言されたモニター、メタデータサーバー、および OSD の下に host の設定が必要です。

重要

localhost は使用しないでください。完全修飾ドメイン名 (FQDN) ではなく、ノードの短縮名を使用してください。ノード名を取得するサードパーティーのデプロイメントシステムを使用する場合は、host の値を指定しないでください。

mon_addr
詳細
クライアントが Ceph モニターへの接続に使用できる <hostname>:<port> エントリーの一覧。設定していない場合には、Ceph は [mon.*] セクションを検索します。
タイプ
文字列
必須
いいえ
デフォルト
該当なし
host
詳細
ホスト名です。この設定は、特定のデーモンインスタンス ([osd.0]など) に使用します。
タイプ
文字列
必須
デーモンインスタンスの場合は Yes。
デフォルト
localhost

TCP オプション

Ceph はデフォルトで TCP バッファリングを無効にします。

ms_tcp_nodelay
詳細
Ceph は ms_tcp_nodelay を有効化して、各リクエストが即時に送信されます (バッファーなし)。Nagle アルゴリズムを無効にすると、ネットワークのトラフィックが増加し、混雑の原因となります。小さいパケットが多数ある場合は、ms_tcp_nodelay を無効にしてみてください。ただし、通常はこれを無効にすると待ち時間が長くなることに注意してください。
タイプ
ブール値
必須
No
デフォルト
true
ms_tcp_rcvbuf
詳細
ネットワーク接続の受信側のソケットバッファのサイズです。デフォルトでは無効です。
タイプ
32 ビット整数
必須
No
デフォルト
0
ms_tcp_read_timeout
詳細
クライアントまたはデーモンが別の Ceph デーモンへの要求を行い、未使用の接続を解除しない場合、tcp read timeout は、指定した秒数後に接続をアイドル状態として定義します。
タイプ
署名なし 64 ビット整数
必須
No
デフォルト
900 15 分。

バインドオプション

バインオプションは、Ceph OSD デーモンのデフォルトのポート範囲を設定します。デフォルトの範囲は 6800:7100 です。また、Ceph デーモンが IPv6 アドレスにバインドするように設定することもできます。

重要

ファイアウォールの設定で、設定したポート範囲を使用できることを確認してください。

ms_bind_port_min
詳細
OSD デーモンがバインドする最小のポート番号。
32 ビット整数
デフォルト
6800
必須
No
ms_bind_port_max
詳細
OSD デーモンがバインドする最大のポート番号。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
7300
必須
いいえ
ms_bind_ipv6
詳細
Ceph デーモンが IPv6 アドレスにバインドするように設定します。
タイプ
ブール値
デフォルト
false
必須
No

非同期型メッセンジャーオプション

これらの Ceph messenger オプションは、AsyncMessenger の動作を設定します。

ms_async_transport_type
詳細
AsyncMessenger が使用するトランスポートタイプ。Red Hat は posix 設定をサポートしますが、現時点では dpdk 設定または rdma 設定をサポートしません。POSIX は標準的な TCP/IP ネットワークを使用しており、デフォルト値です。その他のトランスポートタイプは実験的なもので、サポートされて いません
タイプ
文字列
必須
No
デフォルト
posix
ms_async_op_threads
詳細
AsyncMessenger インスタンスによって使用されるワーカースレッドの初期数。この設定は、レプリカまたはイレイジャーコードチャンクの数に等しく なければならない が、CPU コア数が低い場合や、単一のサーバ上での OSD の数が高い場合には低く設定することもできます。
タイプ
64 ビット未署名の整数
必須
No
デフォルト
3
ms_async_max_op_threads
詳細
AsyncMessenger インスタンスによって使用されるワーカースレッドの最大数。OSD ホストの CPU 数が制限されている場合は低い値に設定し、Ceph が CPU を十分に活用していない場合は高い値に設定します。
タイプ
64 ビット未署名の整数
必須
No
デフォルト
5
ms_async_set_affinity
詳細
AsyncMessenger ワーカーを特定の CPU コアにバインドするには、true に設定します。
タイプ
ブール値
必須
No
デフォルト
true
ms_async_affinity_cores
詳細
ms_async_set_affinitytrue の場合、この文字列は AsyncMessengerワーカーを CPU コアにバインドする方法を指定します。たとえば、0,2 はそれぞれワーカー #1 と #2 を CPU コア #0 および #2 にバインドします。注記: アフィニティーを手動で設定する場合は、ハイパースレッディングや同様のテクノロジーが原因で作成された仮想 CPU にワーカーを割り当てないようにしてください。これは、物理 CPU コアよりも遅いためです。
タイプ
文字列
必須
No
デフォルト
(empty)
ms_async_send_inline
詳細
キューイングや AsyncMessenger スレッドから送信せずに、生成したスレッドからメッセージを直接送信します。このオプションは、CPU コア数の多いシステムではパフォーマンスが低下することが知られているため、デフォルトでは無効になっています。
タイプ
ブール値
必須
No
デフォルト
false