Menu Close

3.5. Ceph Monitor の一貫性

Ceph 設定ファイルにモニター設定を追加する場合、Ceph Monitor モニターのアーキテクチャー的な側面をいくつか知っておく必要があります。Cephは、クラスター内で別の Ceph Monitor を検出する際に、Ceph Monitor に厳格な一貫性要件を課します。Ceph クライアントおよびその他の Ceph デーモンは、Ceph 設定ファイルを使用してモニターを検出しますが、モニターはCeph 設定ファイルではなくモニターマップ (monmap) を使用して相互を検出します。

Ceph Monitor が Red Hat Ceph Storage クラスター内の他の Ceph Monitor を検出する場合、常にモニターマップのローカルコピーを参照します。Ceph 設定ファイルではなくモニターマップを使用することで、クラスターが壊れる可能性のあるエラーを回避できます。例えば、Ceph 設定ファイルでモニターのアドレスやポートを指定する際のタイプミスなどです。モニターは検出のためにモニターマップを使用し、クライアントや他の Ceph デーモンとモニターマップを共有するため、モニターマップは、モニターのコンセンサスが有効であることをモニターに対して厳格に保証します。

モニターマップへの更新適用時の厳格な一貫性

Ceph Monitor の他の更新と同様に、モニターマップへの変更は常に Paxos と呼ばれる分散型コンセンサスアルゴリズムを介して行われます。Ceph Monitor は、Ceph Monitor の追加や削除など、モニターマップへの各更新について合意し、クォーラムの各モニターが同じバージョンのモニターマップを持つようにする必要があります。モニターマップへの更新はインクリメンタルに行われるため、Ceph Monitor は最新の合意バージョンと以前のバージョンのセットを持つことになります。

履歴の維持

履歴を維持することで、古いバージョンのモニターマップを持つ Ceph Monitor が、Red Hat Ceph Storage クラスターの現在の状態に追いつくことができます。

Ceph Monitor がモニターマップではなく Ceph 設定ファイルを介してお互いを検出する場合、Ceph 設定ファイルは自動的に更新および配布されないため、新たなリスクが発生する可能性があります。Ceph Monitor が誤って古い Ceph 設定ファイルを使用し、Ceph Monitor の識別に失敗し、クォーラムから外れたり、Paxos がシステムの現在の状態を正確に判断できなかったりする状況が発生する可能性があります。