Menu Close

3.2. Ceph Monitor の設定

Ceph Monitor の設定方法を理解することは、信頼性の高い Red Hat Ceph Storage クラスターを構築する上で重要なことです。すべてのストレージクラスターには少なくとも 1 つのモニターがあります。通常、Ceph Monitorの設定はほぼ一定のままですが、ストレージクラスター内のCeph Monitorを追加、削除、または交換することができます。

Ceph モニターは、クラスターマップの「マスターコピー」を維持します。つまり、1 つの Ceph モニターに接続して最新のクラスターマップを取得するだけで、Ceph クライアントはすべての Ceph モニターと Ceph OSD の位置を把握することができます。

Ceph クライアントが Ceph OSD に対して読み取り/書き込みを行うには、まず Ceph Monitor に接続する必要があります。クラスターマップの現在のコピーと CRUSH アルゴリズムを使用して、Ceph クライアントは任意のオブジェクトの位置を計算できます。オブジェクトの位置を計算できることで、Ceph クライアントは Ceph OSD と直接対話できるます。このことは、Ceph の高いスケーラビリティーとパフォーマンスを実現する上で非常に重要な要素となります。

Ceph Monitor の主な役割は、クラスターマップのマスターコピーを維持することです。Ceph Monitor は、認証とログサービスも提供します。Ceph Monitor は、モニターサービスのすべての変更を 1 つの Paxos インスタンスに書き込み、Paxos はその変更をキー/値ストアに書き込んで強い一貫性を持たせます。Ceph Monitor は、同期操作中にクラスターマップの最新バージョンにクエリーを行うことができます。Ceph Monitor は、rocksdb データベースを使用したキー値ストアのスナップショットやイテレーターを使用して、ストア全体の同期を実行します。

Paxos

3.2.1. 設定データベースへのアクセス

Red Hat Ceph Storage では、Ceph 設定ファイル /etc/ceph.conf を使用する代わりに、Ceph Monitor 内で設定を一元化しています。ceph.conf は Red Hat Ceph Storage 5 では非推奨となっています。

Ceph Monitor が使用する設定データベースは、ceph.conf と同じセマンティック構造を持ちます。設定を変更すると、システム内のデーモンやクライアントに直ちに適用されます。クライアントの再起動は必要なくなりました。

クライアントやデーモンが起動する際、ローカルの ceph.conf や DNS を使用して Ceph Monitor のアドレスを見つけることもできますが、通常の構成では、まず Ceph Monitor から設定を読み取ります。

前提条件

  • 実行中のストレージクラスター。
  • Ceph Monitor ノードへの root レベルのアクセス。

手順

  1. ceph config コマンドを使用して、設定データベースにアクセスします。

    [root@mon ~]# cephadm shell ceph config

  2. ファイルの [mon] セクションの設定を編集します。
  3. ファイルを保存し、終了します。

関連情報

  • ceph config コマンドで使用できるオプションの詳細については、ceph config -h を使用します。