Menu Close

付録C Ceph Monitor の設定オプション

デプロイメント時に設定可能な Ceph モニターの設定オプションを以下に示します。

mon_initial_members
詳細
起動時のクラスター内の最初のモニターの ID です。指定すると、Ceph は最初のクォーラムを形成するための奇数の数のモニターを必要とします (たとえば、3)。
タイプ
文字列
デフォルト
なし
mon_force_quorum_join
詳細
過去にマップから削除されたモニターでも、強制的にクォーラムに参加させます。
ブール値
デフォルト
False
mon_dns_srv_name
詳細
モニターのホスト/アドレスを DNS にクエリーする際に使用するサービス名です。
文字列
デフォルト
ceph-mon
fsid
詳細
クラスター ID です。クラスターごとに 1 つ。
タイプ
UUID
必須
はい。
デフォルト
該当なし。指定されていない場合は、デプロイメントツールによって生成されます。
mon_data
詳細
モニターのデータの場所です。
文字列
デフォルト
/var/lib/ceph/mon/$cluster-$id
mon_data_size_warn
詳細
Ceph は、モニターのデータストアがこのしきい値に達すると、クラスターログで HEALTH_WARN ステータスを発行します。デフォルト値は 15GB です。
タイプ
整数
デフォルト
15*1024*1024*1024*
mon_data_avail_warn
詳細
Ceph は、モニターのデータストアで利用可能なディスク領域がこの割合以下になると、クラスターログに HEALTH_WARN ステータスを発行します。
タイプ
整数
デフォルト
30
mon_data_avail_crit
詳細
Ceph は、モニターのデータストアで利用可能なディスク領域がこの割合以下になると、クラスターログに HEALTH_ERR ステータスを発行します。
タイプ
整数
デフォルト
5
mon_warn_on_cache_pools_without_hit_sets
詳細
キャッシュプールに hit_set_type パラメーターが設定されていないと、Ceph はクラスターログで HEALTH_WARN ステータスを発行します。
タイプ
ブール値
デフォルト
True
mon_warn_on_crush_straw_calc_version_zero
詳細
CRUSH の straw_calc_version がゼロの場合、Ceph はクラスターログの HEALTH_WARN ステータスを発行します。詳細は「CRUSH tunables」を参照してください。
ブール値
デフォルト
True
mon_warn_on_legacy_crush_tunables
詳細
CRUSH の調整可能なパラメーターが古くなり過ぎた場合 (mon_min_crush_required_version よりも古い場合)、Ceph はクラスターログで HEALTH_WARN ステータスを発行します。
ブール値
デフォルト
True
mon_crush_min_required_version
詳細
この設定では、クラスターが必要とする最小のチューナブルプロファイルバージョンを定義します。
タイプ
文字列
デフォルト
Hammer
mon_warn_on_osd_down_out_interval_zero
詳細
mon_osd_down_out_interval 設定がゼロの場合、Ceph はクラスターログで HEALTH_WARN ステータスを発行します。これは、noout フラグが設定されている場合にもリーダーと同様の動作をするためです。管理者は、noout フラグを設定してクラスターのトラブルシューティングが容易になります。Ceph は、管理者が設定がゼロであることを認識するために警告を発します。
タイプ
ブール値
デフォルト
True
mon_cache_target_full_warn_ratio
詳細
cache_target_fulltarget_max_object の比率で、Ceph により警告が表示されます。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
0.66
mon_health_data_update_interval
詳細
クォーラム内のモニターがピアとヘルスステータスを共有する頻度 (秒単位)。マイナスの数値を入力すると、ヘルスアップデートが無効になります。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
60
mon_health_to_clog
詳細
この設定により、Ceph が定期的にクラスターログにヘルスサマリーを送信することができます。
タイプ
ブール値
デフォルト
True
mon_health_detail_to_clog
詳細
この設定により、Ceph が定期的にクラスターログにヘルス詳細を送信することができます。
タイプ
ブール値
デフォルト
True
mon_op_complaint_time
詳細
更新が行われなかった後、Ceph Monitor 操作がブロックされたと見なされるまでの秒数。
タイプ
整数
デフォルト
30
mon_health_to_clog_tick_interval
詳細
モニターがヘルスサマリーをクラスターログに送信する頻度(秒単位)。正の値以外の番号はこれを無効にします。現在のヘルスサマリーが空であったり、前回と同じであったりする場合、モニターはステータスをクラスターログに送信しません。
整数
デフォルト
60.000000
mon_health_to_clog_interval
詳細
モニターがヘルスサマリーをクラスターログに送信する頻度(秒単位)。正の値以外の番号はこれを無効にします。モニターは常にクラスターログにサマリーを送信します。
タイプ
整数
デフォルト
600
mon_osd_full_ratio
詳細
OSD が full とみなされるまでのディスク領域のパーセンテージ。
タイプ
浮動小数点
デフォルト
.95
mon_osd_nearfull_ratio
詳細
OSD がほぼ nearfull とみなされるまでのディスク領域のパーセンテージ。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
.85
mon_sync_trim_timeout
詳細, タイプ
double
デフォルト
30.0
mon_sync_heartbeat_timeout
詳細, タイプ
double
デフォルト
30.0
mon_sync_heartbeat_interval
詳細, タイプ
double
デフォルト
5.0
mon_sync_backoff_timeout
詳細, タイプ
double
デフォルト
30.0
mon_sync_timeout
詳細
モニターが、更新メッセージをあきらめて再びブートストラップを行うまで、同期プロバイダから次のメッセージを待つ秒数。
タイプ
double
デフォルト
60.000000
mon_sync_max_retries
詳細, タイプ
整数
デフォルト
5
mon_sync_max_payload_size
詳細
同期ペイロードの最大サイズ (単位: バイト) です。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
1045676
paxos_max_join_drift
詳細
モニターデータストアを最初に同期させるまでの、Paxos 最大反復回数です。モニターは、ピアが自分よりも先に進んでいると判断すると、先に進む前にまずデータストアと同期します。
タイプ
整数
デフォルト
10
paxos_stash_full_interval
詳細
PaxosService の状態のフルコピーを隠す頻度 (コミット数)。現在、この設定は mdsmonauth、および mgr PaxosServices のみに影響します。
タイプ
整数
デフォルト
25
paxos_propose_interval
詳細
この時間間隔で更新情報を集めてから、マップの更新を提案します。
タイプ
double
デフォルト
1.0
paxos_min
詳細
維持する paxos の状態の最小数
タイプ
整数
デフォルト
500
paxos_min_wait
詳細
活動していない期間の後にアップデートを収集するための最小時間。
タイプ
double
デフォルト
0.05
paxos_trim_min
詳細
トリミング前に許容される追加提案の数
整数
デフォルト
250
paxos_trim_max
詳細
一度にトリミングする追加提案の最大数
整数
デフォルト
500
paxos_service_trim_min
詳細
トリムのトリガーとなる最小のバージョン数 (0であれば無効)
タイプ
整数
デフォルト
250
paxos_service_trim_max
詳細
1 回の提案中にトリミングするバージョン数の最大値 (0 であれば無効)
タイプ
整数
デフォルト
500
mon_max_log_epochs
詳細
1 回の提案中にトリミングするログエポック数の最大値
タイプ
整数
デフォルト
500
mon_max_pgmap_epochs
詳細
1 回の提案中にトリミングする pgmap エポック数の最大値
タイプ
整数
デフォルト
500
mon_mds_force_trim_to
詳細
モニターがこのポイントまで mdsmaps をトリミングするのを強制します (0 は無効、危険なので使用には注意が必要)。
整数
デフォルト
0
mon_osd_force_trim_to
詳細
指定したエポックでクリーンではない PG があっても、モニターがこのポイントまで osdmaps をトリミングするのを強制します (0 は無効、危険なので使用には注意が必要)。
タイプ
整数
デフォルト
0
mon_osd_cache_size
詳細
基礎となるストアのキャッシュに依存しない、osdmaps のキャッシュサイズ
タイプ
整数
デフォルト
500
mon_election_timeout
詳細
選択の提案側で、すべての ACK を待つ最長の時間 (秒単位)
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
5
mon_lease
詳細
モニターのバージョンのリース期間 (秒単位)
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
5
mon_lease_renew_interval_factor
詳細
mon lease * mon lease renew interval factor は、リーダーが他のモニターのリースを更新する間隔になります。係数は 1.0 未満でなければなりません。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
0.6
mon_lease_ack_timeout_factor
詳細
リーダーは、プロバイダーがリース拡張を承認するまで mon lease * mon lease ack timeout factor を待機します。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
2.0
mon_accept_timeout_factor
詳細
Leader は mon lease * mon accept timeout factor を待ち、リクエスターが Paxos の更新を受け入れるのを待機します。また、Paxos の回復期にも同様の目的で使用されます。
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
2.0
mon_min_osdmap_epochs
詳細
常時保持する OSD マップエポックの最小数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
500
mon_max_pgmap_epochs
詳細
モニターが保持すべき PG マップエポックの最大数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
500
mon_max_log_epochs
詳細
モニターが保持すべきログエポックの最大数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
500
clock_offset
詳細
システムクロックをどれだけオフセットするか。詳細は、Clock.cc を参照してください。
タイプ
double
デフォルト
0
mon_tick_interval
詳細
モニターの目盛りの間隔 (秒単位)
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
5
mon_clock_drift_allowed
詳細
モニター間で許容されるクロックドリフト (秒単位)
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
.050
mon_clock_drift_warn_backoff
詳細
クロックドリフト警告のための指数バックオフ
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
5
mon_timecheck_interval
詳細
リーダーの時刻チェック (クロックドリフトチェック) 間隔 (秒単位)
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
300.0
mon_timecheck_skew_interval
詳細
スキューがあった場合のリーダーの時刻チェック (クロックドリフトチェック) 間隔 (秒単位)
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
30.0
mon_max_osd
詳細
クラスターで許容される OSD の最大数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
10000
mon_globalid_prealloc
詳細
クラスター内のクライアントおよびデーモンに事前に割り当てるグローバル ID の数
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
10000
mon_sync_fs_threshold
詳細
指定された数のオブジェクトを書き込む際に、ファイルシステムと同期します。無効にするには 0 に設定します。
タイプ
32 ビット整数
デフォルト
5
mon_subscribe_interval
詳細
サブスクリプションの更新間隔 (秒単位)。サブスクリプションメカニズムにより、クラスターマップやログ情報を取得することができます。
タイプ
double
デフォルト
86400.000000
mon_stat_smooth_intervals
詳細
最後の N PG マップに対する統計は、Ceph によりスムーズになります。
タイプ
整数
デフォルト
6
mon_probe_timeout
詳細
モニターがブートストラップを行うまで、ピアを探すために待機する秒数
タイプ
double
デフォルト
2.0
mon_daemon_bytes
詳細
メタデータサーバーおよび OSD メッセージのメッセージメモリー容量 (単位: バイト)
タイプ
64 ビット整数未署名
デフォルト
400ul << 20
mon_max_log_entries_per_event
詳細
1 イベントあたりのログエントリーの最大数
タイプ
整数
デフォルト
4096
mon_osd_prime_pg_temp
詳細
クラスター外の OSD がクラスターに戻ってきたときに、以前の OSD で PGMap のプライミングを行うことを有効または無効にします。true 設定では、クライアントは、PG のピア化として OSD で新たに実行するまで、以前の OSD を引き続き使用します。
タイプ
ブール値
デフォルト
true
mon_osd_prime_pg_temp_max_time
詳細
クラスター外の OSD がクラスターに戻ってきたときに、モニターが PGMAP のプライミングを試みる時間 (秒単位)
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
0.5
mon_osd_prime_pg_temp_max_time_estimate
詳細
すべての PG を並行してプライミングするまでに、各 PG での時間の最大推定値
タイプ
浮動小数点 (Float)
デフォルト
0.25
mon_osd_allow_primary_affinity
詳細
osdmap で primary_affinity を設定できるようにします。
タイプ
ブール値
デフォルト
False
mon_osd_pool_ec_fast_read
詳細
プールでの高速読み込みオンにするかどうか。作成時に fast_read が指定されていない場合に、新たに作成されたイレイジャープールのデフォルト設定として使用します。
タイプ
ブール値
デフォルト
False
mon_mds_skip_sanity
詳細
バグ発生に関わらず続行したい際に、FSMap の安全アサーションをスキップします。FSMap のサニティーチェックに失敗すると Monitor は終了しますが、このオプションを有効にすることでそれを無効にすることができます。
タイプ
ブール値
デフォルト
False
mon_max_mdsmap_epochs
詳細
1 回の提案中にトリミングする mdsmap エポック数の最大値
タイプ
整数
デフォルト
500
mon_config_key_max_entry_size
詳細
config-key エントリーの最大サイズ (単位: バイト)
タイプ
整数
デフォルト
65536
mon_scrub_interval
詳細
保存されているチェックサムと、保存されているすべての鍵の計算されたチェックサムを比較して、モニターがストアをスクラブする頻度 (秒単位)
タイプ
整数
デフォルト
3600*24
mon_scrub_max_keys
詳細
都度スクラブするキーの最大数
タイプ
整数
デフォルト
100
mon_compact_on_start
詳細
ceph-mon の起動時に Ceph Monitor ストアとして使用されるデータベースを圧縮します。手動コンパクションは、通常のコンパクションが機能しない場合に、モニターデータベースを縮小し、そのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。
タイプ
ブール値
デフォルト
False
mon_compact_on_bootstrap
詳細
ブートストラップ時に Ceph Monitor ストアとして使用されるデータベースを圧縮します。ブートストラップ後に、モニターはクォーラムを作るためにお互いにプロービングを開始します。クォーラムに参加する前にタイムアウトした場合は、やり直して、再びブートストラップを行います。
タイプ
ブール値
デフォルト
False
mon_compact_on_trim
詳細
古い状態をトリミングする際に、あるプレフィックス (paxos を含む) をコンパクト化します。
タイプ
ブール値
デフォルト
True
mon_cpu_threads
詳細
モニター上で CPU 負荷の高い作業を行うためのスレッドの数
タイプ
ブール値
デフォルト
True
mon_osd_mapping_pgs_per_chunk
詳細
配置グループから OSD へのマッピングをチャンクで計算します。このオプションで、チャンクごとの配置グループ数を指定します。
タイプ
整数
デフォルト
4096
mon_osd_max_split_count
詳細
分割を作成させるための「関係する」OSD ごとの最大の PG 数。プールの pg_num を増やすと、配置グループは、そのプールを提供するすべての OSD で分割されます。PG を分割する際、極端な倍数は避けるべきです。
タイプ
整数
デフォルト
300
rados_mon_op_timeout
詳細
rados 操作からのエラーを返す前に、モニターからの応答を待つ時間 (秒数)。0 は制限、または待ち時間がないことを意味します。
タイプ
double
デフォルト
0